@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三田文学【みたぶんがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三田文学
みたぶんがく
文芸雑誌。 1910年5月創刊森鴎外上田敏斡旋で新帰朝の永井荷風を慶應義塾大学教授に迎え,同大学文科の発展を期して創刊された。「三田」は同大学所在地名。自然主義の『早稲田文学』に対抗し,耽美的,官能的色彩が強く,第1期は木下杢太郎吉井勇北原白秋ら『スバル () 』派および泉鏡花,谷崎潤一郎らも加えて発展,久保田万太郎佐藤春夫,堀口大学らを育て耽美派牙城にふさわしい活況を呈した。第2期の 26年以後は水上滝太郎を中心にして三田派以外にも誌面を提供し,石坂洋次郎丸岡明らいわゆる新三田派を生んだ。第3期は 46年復刊,丸岡明その他により断続的に発行され,遠藤周作江藤淳らに引継がれた。 76年 10月号で休刊。 85年4月復刊。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みたぶんがく【三田文学】
文芸雑誌。明治43年(1910)5月、慶応義塾大学文学部の三田文学会の機関誌として、永井荷風らを中心に創刊。耽美的色彩が強く、自然主義文学系の「早稲田文学」と対立した。久保田万太郎佐藤春夫水上滝太郎西脇順三郎らが輩出。断続しつつ現在に至る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みたぶんがく【三田文学】
文芸雑誌。1910年5月,永井荷風が主幹となり,森鷗外,上田敏を顧問に迎え,慶応義塾文科の機関誌として創刊。自然主義の《早稲田文学》に対立して耽美主義の立場をとり,当代の反自然主義陣営の一大拠点となった。荷風の《紅茶の後》《日和下駄》,鷗外の《妄想》《灰燼》,泉鏡花の《三味線堀》などをはじめ,《スバル》《新思潮》系の人々の作品が載り,その中から,久保田万太郎,水上滝太郎,佐藤春夫らの〈三田派〉新人が登場した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みたぶんがく【三田文学】
文芸雑誌。永井荷風らを中心とする三田文学会が1910年(明治43)創刊。耽美的・反自然主義的傾向が強い。森鷗外・上田敏・北原白秋・佐藤春夫・久保田万太郎・水上滝太郎、のちに西脇順三郎・石坂洋次郎・山本健吉・安岡章太郎・遠藤周作・江藤淳らが活躍。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

三田文学
みたぶんがく
文芸雑誌。1910年(明治43)慶応義塾大学は不振の文科刷新のため、永井荷風(かふう)を教授に迎え、その5月、森鴎外(おうがい)、上田敏(びん)を顧問に、荷風を主幹として『三田文学』を創刊した。荷風主幹時代は15年(大正4)までであるが、この間、鴎外(『花子』『沈黙の塔』『妄想』)、敏、荷風(『紅茶の後』『新橋(しんきょう)夜話』『日和下駄(ひよりげた)』)のほか、馬場孤蝶(こちょう)、泉鏡花(『三味線堀』)、木下杢太郎(もくたろう)、北原白秋(はくしゅう)、吉井勇、小山内薫(おさないかおる)、谷崎潤一郎、与謝野鉄幹(よさのてっかん)・晶子(あきこ)らが寄稿。耽美(たんび)的色彩の濃厚な反自然主義的傾向を示し、久保田万太郎、水上滝太郎(みなかみたきたろう)らの三田派の作家も誕生した。ついで沢木梢(こずえ)が主幹となり、南部修太郎、小島政二郎、西脇順三郎、勝本清一郎らを送り出したが、25年3月終刊。翌年4月大学の直接経営を離れ、水上を精神的主幹として復刊。杉山平助、石坂洋次郎(『若い人』)、矢崎弾(だん)、原民喜(たみき)、北原武夫、柴田錬三郎、丸岡明らが引き続いて登場した。44年(昭和19)11月休刊。第二次世界大戦後は46年(昭和21)1月丸岡明を中心として復刊。木々高太郎、佐藤春夫らを経て、加藤道夫(『なよたけ』)、堀田善衛(よしえ)、安岡章太郎(『ガラスの靴』)、遠藤周作、江藤淳(じゅん)(『夏目漱石(そうせき)論』)、山川方夫(まさお)らが巣立った。76年10月休刊。85年5月に季刊として安岡らを中心に復刊され、遠藤、江藤、坂上弘(ひろし)に引き継がれている。[千葉俊二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みたぶんがく【三田文学】
文芸雑誌。明治四三年(一九一〇)五月、永井荷風を中心に森鴎外、上田敏を顧問として創刊。慶応義塾大学文学部の三田文学会機関誌で、創刊時は耽美主義的色彩が強く、「早稲田文学」の自然主義に対立した。久保田万太郎、水上滝太郎、佐藤春夫らが輩出。昭和期に雑誌の性格は変わるが、断続しつつ現在に至る。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三田文学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三田文学の関連情報

関連キーワード

新聞小説フレーブニコフワチラウットフレーブニコフ田岡嶺雲ニコラ1世アフリカ神話有島武郎桂太郎内閣都市気候

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation