@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三神【さんしん】

世界大百科事典 第2版

さんしん【三神】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さんじん【三神】
三はしらの神。
古事記神話で、天地創造の時、最初に現れた天御中主神あめのみなかぬしのかみ・高皇産霊神たかむすひのかみ・神皇産霊神かみむすひのかみの称。
五穀守護の三神、稚産霊神わくむすひのかみ・倉稲魂神うかのみたまのかみ・保食神うけもちのかみの称。
和歌の三神、住吉明神・玉津島明神・柿本人麻呂の称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐じん【三神】
[1] 各種の三柱(みはしら)の神。
[一] 造化の神である天御中主神(あまのみなかぬしのかみ)・高御産巣日神(たかみむすひのかみ)・神皇産霊神(かみむすひのかみ)の三体をいう。
※古事記(712)序「然れども乾坤(けんこん)初めて分れて、参神(さんじん)造化の首(おびと)と作(な)り」
[二] 五穀守護の神である稚産霊神(わくむすびのかみ)・倉稲魂神(うかのみたまのかみ)・保食神(うけもちのかみ)をいう。
[三] 和歌の神、すなわち住吉明神・玉津島明神・柿本人麻呂をいう。一説に柿本人麻呂・山部赤人・衣通姫(そとおりひめ)とも。
※雑俳・川柳評万句合‐宝暦九(1759)八月二五日「三神も嬲(なぶ)ると読みし御すがた」
[2] 〘名〙 「さんしゅ(三種)の神器①」の略。
※玉葉‐寿永三年(1184)正月二二日「無左右平氏之処、三神御坐彼手、此条如何」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さん‐じん【三神】
3柱の神。例えば、造化の三神和歌三神など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三神」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三神の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation