@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三種の神器【さんしゅのじんぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三種の神器
さんしゅのじんぎ
古くから,天皇が皇位 (しるし) として,代々伝えた3種の宝物,すなわち八咫鏡 (やたのかがみ) ,草薙剣 (くさなぎのつるぎ) ,八坂瓊曲玉 (やさかにのまがたま) 。草薙天叢雲剣 (あめのむらくものつるぎ) ともいう。「記紀」の伝承によれば,アマテラスオオミカミがこれら三種神器を孫のニニギノミコトに与えたという。鏡は垂仁天皇のときに,伊勢の五十鈴川のほとりに (伊勢神宮起源) ,剣は日本武尊が東征の帰途尾張に祀った (熱田神宮の起源) といわれる。代々伝えられる鏡と剣は模造品である。鏡は宮中の賢所 (かしこどころ) に安置され,剣は壇ノ浦の合戦で海に没したが,玉は初めのままである。南北朝合一も,この神器の授受を第1の条件とした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんしゅ‐の‐じんぎ【三種の神器】
歴代の天皇が皇位のしるしとして受け継いだという三つの宝物。八咫鏡(やたのかがみ)天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)草薙剣(くさなぎのつるぎ))・八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)。みくさのたから。みくさのかむたから。
そろえていれば理想的であるとされる3種の品物。昭和29年(1954)ごろから言われ、当時は電気洗濯機・真空掃除機・電気冷蔵庫をさした。また、昭和40年(1965)前後にはカラーテレビ・クーラー・自動車を「新三種の神器」ともいった。→3C

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

三種の神器
皇位継承の標(しるし)とされる皇室の宝物。▽八咫鏡(やたのかがみ)、天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)、八坂瓊曲玉(やさかにのまがたま)

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

さんしゅのじんき【三種の神器】
天皇の位のしるしとして相伝された三種の宝物,八咫鏡(やたのかがみ),草薙剣(くさなぎのつるぎ),八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)の総称。《古事記》《日本書紀》の神代記,神代紀には,天岩屋の物語の中で鏡と玉の,八岐大蛇(やまたのおろち)の物語の中で剣の,それぞれの起源が述べられ,次いで天孫降臨の物語で,これらの宝物を皇祖天照大神が皇孫瓊瓊杵(ににぎ)尊に授け,とくに鏡を大神の御魂代(みたましろ)としてまつるべきことを詔したと記されている。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

さんしゅのじんぎ【三種の神器】
皇位のしるしとして伝えられている三つの宝物。八咫やたの鏡・草薙くさなぎの剣(天叢雲あまのむらくもの剣)・八尺瓊やさかにの勾玉まがたま。みくさのかんだから。みくさのたからもの。
三種の代表的な必需品。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三種の神器」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三種の神器の関連情報

他サービスで検索

「三種の神器」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation