@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三章論争【さんしょうろんそう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

三章論争
さんしょうろんそう

6世紀のキリスト単性論派論争において、ネストリウス的異端の疑いをかけられた3人の神学者の教説をめぐる論争。「三章(トリア・ケファライアtria kephalaia)」とは「三つの頭(あたま)」の意味で、モプスエスティアの主教テオドロスの人とその著書、キロスの主教テオドレトスの著書のうちアレクサンドリアのキリロスを反駁(はんばく)したもの、およびエデッサの主教イバスのペルシア主教マリスあて書簡をさす。ビザンティン(東ローマ)皇帝ユスティニアヌス1世(在位518~565)は反単性論派の意に沿った勅令(543)を出したため単性論派の反発にあい、いわば均衡を保つために、ネストリウス的と目されていたこの三章を弾劾した。さらにコンスタンティノープルの第5回公会議(553)はそれを異端と決議したが、今日では異端とは考えられていない。

[森安達也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三章論争」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三章論争の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation