@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三竦【さんすくみ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

三竦
さんすくみ

中国周代の道学者関尹子(かんいんし)の著書とされる『関尹子』「三極」のなかに記されるたとえ。ヘビ(蛇)はナメクジ(蛞蝓)を恐れ、ナメクジはカエル(蛙)を恐れ、カエルはヘビを恐れるとする故事から、転じて、三者互いに牽制(けんせい)し合って、身動きのできない状態をいう。「みつどもえ」(三つ巴)ともいう。この三竦を用いたものに、2人相対座して行う遊戯、拳(けん)がある。親指をカエルに、人差指をヘビに、小指をナメクジに見立てて行う虫拳、また、キツネ(狐)は鉄砲に負け、鉄砲は庄屋(しょうや)に負け、庄屋はキツネに負けるとする藤八拳(とうはちけん)(狐拳(きつねけん))、そして現在も遊ばれるじゃんけんの石、はさみ、紙もこの三竦を原形とする。江戸時代の合巻(ごうかん)とよばれる挿絵小説『児雷也豪傑譚(じらいやごうけつものがたり)』(初編1839。美図垣笑顔(みずがきえがお)ら作)は、このヘビ、カエル、ナメクジの三竦を趣向にとった作として有名である。

[棚橋正博]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐すくみ【三竦】
〘名〙 (「関尹子‐三極」の「螂蛆食蛇、蛇食蛙、蛙食螂蛆、互相食也」による語) ヘビはナメクジを、ナメクジはカエルを、カエルはヘビを恐れるということ。転じて、三者が互いに牽制(けんせい)しあって、身動きできない状態をいう。
※俳諧・瀬とり舟(1704)「妻に逢夜若衆忍で蛙蝸蛇(サンスクミ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三竦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三竦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation