@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三笑亭夢楽【さんしょうていむらく】

世界大百科事典 第2版

さんしょうていむらく【三笑亭夢楽】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

三笑亭夢楽
さんしょうていむらく
(1777―1831)
江戸後期の落語家。初代。本名里見晋兵衛(しんべえ)。江戸・麻布(あざぶ)一口坂出身。質屋に奉公したが浄瑠璃(じょうるり)を好んで豊竹(とよたけ)宮戸太夫の門に入り、登志太夫と名のった。1803年(享和3)初代三笑亭可楽(からく)に入門し、流俗亭玖蝶(きゅうちょう)から三笑亭夢楽となった。人情噺(ばなし)を得意とし、自作自演で人気を獲得した。1809年(文化6)かってに夢楽を夢羅久と改めたため師可楽の怒りに触れ、朝寝坊夢羅久または朝寝坊むらくとした。のち烏亭焉馬(うていえんば)の門人となり笑語楼夢羅久と改名。長物語人情噺の祖といわれる。この朝寝坊むらくの名は9代目まで続いたが、大阪出身で3代三遊亭円馬を襲名した7代むらくがもっとも優れ、明治末から大正初めに東京で活躍した。なお、三笑亭夢楽の名は昭和になって復活し、本名渋谷滉(ひろし)(1925―2005)が三笑亭可楽門から出て二つ目で2代目を襲名、1958年(昭和33)真打(しんうち)に昇進した。[関山和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三笑亭夢楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三笑亭夢楽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation