@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三笠【みかさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三笠
みかさ
連合艦隊司令長官東郷平八郎大将の旗艦として,日露戦争に就役した軍艦。 1902年完成。常備排水量1万 5140t,速力 18kn,主砲 12インチ (30cm) 砲4,6インチ (15cm) 砲 14,3.2インチ (8cm) 砲 20,魚雷発射管4。イギリスのビッカーズ社が建造。日本の最新鋭艦であると同時に,当時の世界最大最強の軍艦でもあった。日露戦争では旅順港の封鎖黄海海戦 (1904) に就役したあと,05年5月 27~28日の日本海海戦で大勝利に貢献,これによって東郷大将とともにその名を世界に知られた。第1次世界大戦にも参加。 21年のワシントン海軍軍備制限条約によって廃艦になったが,記念艦として永久保存されることになった。現在は防衛庁の部外団体である財団法人三笠保存会によって横須賀港に保存されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みかさ【三笠】[地名・戦艦]
北海道中央部の市。明治前期に石狩炭田最古幌内炭鉱が開発されて以来発展桂沢湖がある。人口1.0万(2010)。
旧日本海軍の戦艦。日露戦争の日本海海戦で、連合艦隊旗艦として活躍。排水量約1万5000トン。現在は横須賀に固定保存されている。
三笠山」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み‐かさ【三×笠】
香の名。伽羅(きゃら)一種

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

三笠
北海三笠市にある道の。国道12号に沿う。道内認定第一号の道の駅。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三笠
日本海軍の戦艦。敷島型戦艦の4番艦。前弩級戦艦。イギリスで建造され、1902年1月に竣工、5月に横須賀に到着。日露戦争では連合艦隊旗艦をつとめた。戦争終結後の1905年9月に佐世保港内での弾薬庫の爆発事故により沈没。その後浮揚・修理されて1908年に艦隊復帰し、第一次世界大戦に参加。1923年、関東大震災による高波岸壁に衝突して大破、着底。除籍となったのち、記念艦としての保存が決定。第二次世界大戦後にも復元工事を行い、博物館船として保存されている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みかさ【三笠】
日露戦争において,連合艦隊旗艦として活躍した日本の軍艦。1905年5月27~28日の日本海海戦において,ロシアのバルチック艦隊を破り,司令長官東郷平八郎の名とともに世界的に有名になった。イギリスのビッカーズ社で建造され,1900年に進水,02年に完成した。常備排水量1万5140トン,全長122m,30cm主砲4門,15cm副砲14門を装備し,速力18ノットであり,当時としては世界最大最強の戦艦であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

三笠
みかさ

日露戦争における連合艦隊の旗艦。東郷平八郎司令長官が座乗して黄海海戦(1904)、日本海海戦(1905)の先頭艦として戦った。1902年イギリス、ビッカーズ造船所で完工。常備排水量1万5140トン、速力18ノット、30センチ主砲4門、15センチ副砲14門を備え、当時世界第一級の戦艦であった。日本海海戦の大勝利により世界にその名を知られるようになり、ワシントン軍縮条約で戦艦の保有量が制限された際にも、三笠は制限外の艦として保全が認められた。1926年(大正15)神奈川県横須賀(よこすか)に記念艦として永久保存されることになり、第二次世界大戦後は一時ダンスホールになるなどの変転もあったが、61年(昭和36)復原。現在は防衛省の所管、三笠保存会運営で一般に公開されている。

[前田哲男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みかさ【三笠】
[1]
[一] 北海道中央部の地名。明治一二年(一八七九)道内最古の幌内炭鉱の開坑に始まり、石狩炭田南部の炭鉱都市として発達した。幾春別(いくしゅんべつ)川が流れ、蔬菜・米を生産。西部を道央自動車道が通り、各種企業が進出している。昭和三二年(一九五七)市制。
[二] 福岡県の中西部にあった郡。中世には御笠郡とも。明治二九年(一八九六)筑紫(ちくし)郡に統合されて消滅。〔二十巻本和名抄(934頃)〕
[三] 「みかさやま(三笠山)(一)」の略。
[四] 日露戦争で活躍した日本の一等戦艦。明治三五年(一九〇二)イギリスで建造。連合艦隊の旗艦で日本海海戦の大勝利により知られる。常備排水量一万五一四〇トン。速力一八ノット。現在は横須賀市の三笠公園内に固定保存されている。
[2] 〘名〙
① 香木の名。分類は伽羅(きゃら)
② 「みかさづけ(三笠付)②」の略。
※政談(1727頃)一「面々に義味・我慢を立て、面々構になる事にては、博奕・三笠等の詮議も成らず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三笠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三笠の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation