@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三筆【さんぴつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三筆
さんぴつ
著名な3人の能書家であるが,一般には平安時代初期の書家の代表として空海嵯峨天皇橘逸勢 (たちばなのはやなり) の3人をさす。江戸時代には「寛永の三筆」として本阿弥光悦近衛信尹 (のぶただ) ,松花堂昭乗,また「黄檗 (おうばく) の三筆」としては来朝した3人の黄檗僧の隠元,木庵,即をいう。なお「幕末の三筆」は市河米庵貫名海屋 (ぬきなかいおく) ,巻菱湖 (まきりょうこ) をいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さん‐ぴつ【三筆】
三人の能書家。
平安初期の嵯峨天皇橘逸勢(たちばなのはやなり)空海
世尊寺流の三筆として、藤原行成・藤原行能・藤原行尹(ゆきただ)。
寛永の三筆として、近衛信尹(このえのぶただ)本阿弥光悦松花堂昭乗
黄檗(おうばく)の三筆として、隠元木庵性瑫(もくあんしょうとう)即非如一
幕末の三筆として、市河米庵貫名海屋(ぬきなかいおく)巻菱湖(まきりょうこ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

三筆
平安期▽嵯峨天皇、橘逸(はやなり)、空海
寛永年間▽近衛信尹(のぶただ)、本阿弥光悦、松花堂昭乗

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

さんぴつ【三筆】
日本の書道史上の3人の能筆家。平安初期の嵯峨天皇空海橘逸勢(はやなり)の3人を指す。3人を特に三筆と称するようになったのがいつごろか明らかでないが,そう古くにはさかのぼらない。ほかには江戸時代に日本へ渡った黄檗(おうばく)の3僧,隠元,木庵(もくあん)(1611‐84),即非(そくひ)(1616‐71。は如一(によいち),木庵の法弟)を〈黄檗の三筆〉,また近衛信尹(のぶただ)(号は三藐院(さんみやくいん)),本阿弥光悦松花堂昭乗を〈寛永の三筆〉と呼ぶが,この呼名もおそらく明治以降であろうといわれ,1730年代(享保年間)には寛永三筆を〈京都三筆〉と呼んでいる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さんぴつ【三筆】
三人のすぐれた書家。特に、嵯峨天皇・橘逸勢たちばなのはやなり・空海の三人。ほかに、藤原行成・藤原行能・藤原行尹ゆきただ(世尊寺流)、本阿弥光悦・近衛信尹のぶただ・松花堂昭乗(寛永の三筆)、隠元・即非・木庵(黄檗おうばくの三筆)などをいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

三筆
さんぴつ
日本書道史上の、優れた3人の能書家。普通、単に三筆といえば、平安初期の空海(くうかい)(弘法(こうぼう)大師)、嵯峨(さが)天皇、橘逸勢(たちばなのはやなり)をさすが、この初見は江戸中期、貝原益軒編の『和漢名数』である。空海と逸勢は、783年(延暦2)留学生(るがくしょう)として入唐(にっとう)。唐文化と書法の修得に努め、多くの法帖(ほうじょう)を将来して、それらを嵯峨天皇に献上している。この三筆の個性あふれる書の根底には、中国書法、とくに王羲之(おうぎし)の影響が強くみられ、日本書道史の基盤を築いた点で重要な存在である。このほか、各時代ごとに能書家3人を選んで「三筆」とよぶ習わしがある。[神崎充晴]

寛永の三筆

江戸初期の本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)、近衛信尹(このえのぶただ)(三藐院(さんみゃくいん))、松花堂昭乗(しょうかどうしょうじょう)(滝本坊(たきもとぼう))をいう。この3人は、室町時代までの型にはまった書に対し、上代様(じょうだいよう)の古典に立脚した新書風を展開し、一時代を築いた。[神崎充晴]

黄檗の三筆

江戸幕府の儒学奨励のもと、黄檗(おうばく)宗をもたらした明(みん)の僧隠元(いんげん)に、木庵(もくあん)、即非(そくひ)を加えてよぶ。彼らは明の書法に基づき、雄渾(ゆうこん)な特色を打ち出して世に黄檗流の一派をなし、唐様(からよう)発展の端緒となった。[神崎充晴]

幕末の三筆

江戸末期に活躍した市河米庵(いちかわべいあん)、貫名海屋(ぬきなかいおく)、巻菱湖(まきりょうこ)の3人。いずれも職業書家として一家をなし、江戸の唐様を代表する能書家である。[神崎充晴]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐ぴつ【三筆】
[1] 〘名〙 書家、または画家で三人のすぐれたものをいう語。
随筆・胆大小心録(1808)一一六「善書も、嵯我の帝・空海・はやなり、又、道風・佐理・行成と、とかく三筆になるはいかにこの衛さま、滝本坊、光悦、まではがついたが、今では三人のえり出しが出来ぬ世じゃ」
[2]
[一] 平安時代、嵯峨天皇・橘逸勢(たちばなのはやなり)・空海(弘法大師)の三人の能書家。〔書言字考節用集(1717)〕
[二] 世尊寺流で、能筆の藤原行成・藤原行能・藤原行尹(ゆきただ)の三人。〔書言字考節用集(1717)〕
[三] 近世、寛永年間(一六二四‐四四)の三人の能書家。近衛流の祖、近衛信尹(このえのぶただ)と、光悦流の祖、本阿彌光悦と、滝本流の祖、松花堂昭乗。〔随筆・本朝世事談綺(1733)〕
[四] 黄檗宗(おうばくしゅう)の三人の能書家、隠元・木庵・即非(そくひ)の三人。黄檗の三筆。
[五] 幕末の三人の能書家、市河米庵(いちかわべいあん)・貫名海屋(ぬきなかいおく)・巻菱湖(まきりょうこ)の三人。
[六] 大和絵で、土佐氏の光長・光信・光起の三人の画家。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三筆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三筆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation