@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三管・四職【さんかんししき】

日本大百科全書(ニッポニカ)

三管・四職
さんかんししき
室町幕府の官職である管領(かんれい)と侍所(さむらいどころ)の長官(所司(しょし))とに任命される家のこと。三管とは、管領が斯波(しば)・細川(ほそかわ)・畠山(はたけやま)の3家から、また四職とは、侍所所司が赤松(あかまつ)・一色(いっしき)・山名(やまな)・京極(きょうごく)の4家からおこった称である。『南方紀伝(なんぽうきでん)』によると、1398年(応永5)足利義満(あしかがよしみつ)は朝廷における五摂家(ごせっけ)・七清家(せいが)の制に倣って三管・四職の家を定めたという。三管の斯波・細川・畠山の3氏と四職の一色氏は、足利一門の家格の高い有力守護で、四職の赤松・山名・京極氏も、畿内(きない)近国の重要な国々の守護を務める有力な大名であり、いずれも幕政の中枢に参与し、幕府体制を支えていた。しかし、応仁(おうにん)の乱(1467~77)以後名目化していった。[清水久夫]
『小川信著『足利一門守護発展史の研究』(1980・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

三管・四職
さんかん・ししき
室町幕府の重職たる管領となる3家と,侍所所司に選任される4家をいう。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三管・四職」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三管・四職の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation