@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三経【さんきょう】

精選版 日本国語大辞典

さん‐きょう ‥キャウ【三経】
〘名〙 三種の根本経典。
① 儒教で、唐代、その経典を分量の多少によって、大経(礼記・春秋左氏伝)、中経(詩・周礼・儀礼)、小経(易・尚書・春秋公羊伝・春秋穀梁伝)に分ける時、その大中小各経をいう。
※続日本紀‐天平宝字元年(757)一一月癸未「其須講経生者三経」
② 陰陽道で、通例、金匱(こんき)経・枢機経・神枢霊経をいう。
※平家(13C前)三「当道三経の中に、根器経の説を見候に」
③ 仏教で三部経のこと。特定の立場にたってその根本とする経典を三つ選んだもの。〔浄土文類鈔(1252‐57頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さん‐けい【三経】
〘名〙 経書(けいしょ)中の三種。易経・詩経・春秋、書経・詩経・周礼、論語・孟子・大学中庸、詩経・書経・易経、易経・礼経・孝経、易経・論語・孟子などの諸説がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三経」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三経の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation