@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三舎【サンシャ】

デジタル大辞泉

さん‐しゃ【三舎】
昔の中国で、軍隊の3日間の行程。1舎は30里。→
中国代、官吏登用のために設けた三つの学舎。外舎・内舎・上舎。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐しゃ【三舎】
〘名〙 (「舎」はやどりの意)
① 古代中国の天文学で、二十八宿のうちの三星宿。また、三星宿にあたる赤経四〇度ほどの距離。
※太平記(14C後)一〇「其の在様項王が漢の三将を靡(なびか)し魯陽が日を三舎(さんシャ)に返し戦しも、是には過じとぞ見へたりける」 〔淮南子‐覧冥訓〕
② 古代中国で、軍隊の三日間の行程。一日一舎を行軍するとされ、一舎は三〇里で、一里を三〇〇歩として、三舎は約三六キロメートルの行程。
※三代実録‐貞観八年(866)八月二四日「臣頽齢漸迫。残命尚危。若能廻聖慈。矜臣深志。賜以優閑。任其将一レ息。則再造之恩更渥。三舎之恵彌深。豈敢偏惜衰𣏓之身。唯貪久視太平之化」 〔春秋左伝‐僖公二八年〕
③ 中国、宋代、神宗のときに定められた学制。学に入る者を、外舎、内舎、上舎に区分した、その三つをいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三舎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三舎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation