@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三芳【みよし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三芳
みよし
千葉県南部,南房総市中部の旧村域。房総半島南部に位置する。 1953年稲都村,滝田村,国府村の3村が合体して三芳村が成立。 2006年富浦町,富山町,白浜町,千倉町,丸山町,和田町と合体して南房総市となった。中世には安房国の国府が置かれ,近世には江戸幕府直轄地となった。館山地溝帯の中部を占め,米作を中心に酪農果樹栽培,野菜の施設栽培が行なわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三芳
みよし
愛媛県東部,西条市北部の旧町域。燧灘に面する。 1971年壬生川町と合体して東予町,1972年東予市となり,2004年3市町と合体して西条市となった。今治街道 (国道 196号線) 沿いの宿場町。大明神川の扇状地上で米作,西部では果樹の栽培と畜産を行なう。瀬戸内海国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三芳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三芳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation