@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三菱会社【みつびしかいしゃ】

世界大百科事典 第2版

みつびしかいしゃ【三菱会社】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

三菱会社
みつびしかいしゃ

三菱財閥の母体、日本郵船の前身。正しくは郵便汽船三菱会社。1871年(明治4)廃藩置県の際、土佐藩営九十九(つくも)商会を岩崎弥太郎(やたろう)が払下げを受けて創始。1873年、弥太郎個人会社の三菱商会となり、75年海運事業を分離して郵便汽船三菱会社と改称、政府の政策的保護下で、国内航路網を整備した。佐賀の乱、台湾出兵、西南戦争で軍事輸送に従事、1875年には横浜―上海(シャンハイ)航路を開設しP&O(ピーアンドオー)汽船会社との競争に勝つなど、特権で海運企業として成長した。極度の独占への批判と明治十四年の政変(1881)の影響から同年に共同運輸会社が設立され、激烈な競争のすえ85年2社は合併し日本郵船設立に至る。海運部門を切り離した三菱会社は三菱社と改称、鉱山・造船業の経営にあたった。

[田付茉莉子]

『三島康雄編『三菱財閥』(1981・日本経済新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

三菱会社
みつびしがいしゃ
日本郵船会社の前身で,岩崎弥太郎の経営した海運会社
岩崎は廃藩置県に際し九十九 (つくも) 商会の船を土佐藩から安価に譲りうけ,三菱商会を創設。のち郵便汽船三菱会社と改称しながら,台湾出兵・西南戦争で政府の大きな援助のもとに巨利を博した。のち共同運輸会社との激烈な競争が展開される中,政府の調停により,1885年共同運輸と合併し,日本郵船会社となる。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三菱会社」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三菱会社の関連情報

関連キーワード

フランス史(年表)普仏戦争オリビエ(Emile Ollivier)製糸業日本科学史普仏戦争ナポレオン開拓使コッペリアシュトラウス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation