@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三菱化学【みつびしかがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三菱化学
みつびしかがく
三菱系の総合化学会社。 1994年 10月,三菱化成三菱油化が合併して創設。国内首位,世界8位の規模を誇る。合繊原料や樹脂などの石油化学部門を中心に,医薬品や電子材料分野へと事業の拡大をはかっている。売上構成比は,石油化学部門 45%,機能商品部門 37%,炭素アグリ部門 18%。年間売上高1兆 5316億 3500万円 (連結。うち輸出 16%) ,資本金 1407億 4500万円,従業員数1万 950名 (1999) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

三菱化学
正式社名「三菱化学株式会社」。英文社名「Mitsubishi Chemical Corporation」。化学工業。昭和9年(1934)「日本タール工業株式会社」設立。同25年(1950)「日本化成工業株式会社」に改称。同27年(1952)「三菱化成工業株式会社」に改称。同63年(1988)「三菱化成株式会社」に改称。平成6年(1994)「三菱油化株式会社」と合併し、現在の社名に変更。本社は東京都千代田区丸の内。三菱ケミカルホールディングス子会社の化学品メーカー。業界最大手。石油化学製品・高機能材料などの研究・開発・製造・販売を行う。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

三菱化学
みつびしかがく
三菱系の元総合化学会社で、かつて国内首位を占めた。1994年(平成6)に同じ三菱グループに属する三菱化成(1934年に日本タール工業として設立)と三菱油化(1956年設立)とが合併して成立。低迷する石油化学事業のリストラ策の意味合いをもった。前身の一つの三菱油化は、石油化学国産化に先鞭(せんべん)をつけた「先発4社」の一角を占め、1959年(昭和34)三重県四日市(よっかいち)にエチレンセンターを建設した。1999年東京田辺製薬と合併、医薬事業を分離し子会社の三菱東京製薬を設立した。さらに三菱東京製薬は2001年(平成13)に製薬会社ウェルファイド(旧、吉富製薬)と合併し、三菱ウェルファーマ(2007年より田辺三菱製薬)となった。三菱化学は2005年10月、三菱ウェルファーマと共同持株会社、三菱ケミカルホールディングスを設立し、その子会社となり、2017年に三菱樹脂、三菱レイヨンと統合し、三菱ケミカルとなった。黒崎(福岡県)、四日市、水島(岡山県)、鹿島(かしま)(茨城県)などに工場をもっていた。[橘川武郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三菱化学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三菱化学の関連情報

関連キーワード

[各個指定]芸能部門クエンティン タランティーノ平山郁夫[各個指定]工芸技術部門トム ハンクスマーティン ランドーアンネの日記英仏海峡トンネル藤本義一コス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation