@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三菱【みつびし】

旺文社日本史事典 三訂版

三菱
みつびし
近代の四大財閥の一つ
海運業界に独占的地歩を確立した三菱会社は,高島炭坑の買収,東京海上火災保険の創設長崎造船所の払下げ,三菱銀行の設立などにより,昭和初頭には三菱財閥として,直系10社とその子・孫会社ならびに日本郵船・明治生命などの独立会社系列からなる複雑なコンツェルン形態をととのえた。第二次世界大戦を通じてますますその支配の規模を拡大したが,敗戦後財閥解体により解体された。'54年に商事部門が合同して三菱商事ができ,三菱銀行を中心に三菱グループが再編成され,'64年には三菱重工が再建された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三菱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三菱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation