@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三蔵【さんぞう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三蔵
さんぞう
tripiṭaka
「三種の籠」の意。転じて仏教経典 (経蔵) ,戒律書 (律蔵) ,注釈書 (論蔵) は,仏教の意義を包蔵していることから三蔵と呼ばれる。また経,律,論の三蔵に通達している学僧を尊称して,名前のあとに三蔵をつけることがあった。たとえば,玄奘三蔵。 (→三蔵法師 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さん‐ぞう〔‐ザウ〕【三蔵】
上代、朝廷の官物を納めた三つの蔵。斎蔵(いみくら)内蔵(うちくら)大蔵(おおくら)
仏教の聖典を3種に分類したもの。経蔵律蔵論蔵
仏教の聖典に深く通じた高僧に対する敬称。また、聖典の翻訳者をもいう。真諦三蔵・玄奘(げんじょう)三蔵・法顕三蔵など。
天台宗で、小乗の別称。
仏語。菩薩(ぼさつ)声聞(しょうもん)のそれぞれの教え。また、声聞・縁覚(えんがく)菩薩の教え。三乗。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんぞう【三蔵】
大和朝廷財政をつかさどった官司またはクラとしての斎蔵(いみくら)・内蔵大蔵総称。《古語拾遺》によると,神武朝宮中に神物・官物を納める蔵を建て,斎(忌)部氏がこれを管掌し,履中朝,朝鮮三国からの貢納物がふえると斎蔵の近くに内蔵を設けて神物と官物を分収し,東漢(やまとのあや)氏の祖阿知使主(あちのおみ)と西文(かわちのあや)氏の祖王仁(わに)に出納を記録させ,また蔵部を定め,さらに雄略朝,諸国貢調が増大すると大蔵を建て,蘇我麻智に三蔵を検校せしめ,秦氏を出納,東西文氏を記録にあたらせ,漢氏に内蔵・大蔵のを賜ったという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

さんぞう【三蔵 Sān zàng】
サンスクリットのtripiṭakaの漢訳で,仏教の聖典を経蔵・律蔵・論蔵の3種に分類したときの総称。蔵の原語であるpiṭakaとは,ものを入れる籠のこと。経蔵とは,仏陀の教説集で,ほとんどの場合〈如是我聞〉で始まる。律蔵とは,教団の実践規定集で,禁止的な徳目も多く含む。論蔵とは,経と律とくに経に対して施された注釈文献集。これら三蔵を網羅したものを〈一切経〉あるいは〈大蔵経〉とよぶ。【礪波 護】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さんぞう【三蔵】
古代、官倉であった斎蔵いみくら・内蔵うちつくら・大蔵おおくらの総称。みつくら。
仏教の聖典群を三種に分けたもの。経蔵・律蔵・論蔵の総称。また、仏教聖典の総称。
三蔵に通暁した僧を敬っていう語。また、仏教聖典を翻訳した僧、特に玄奘げんじようを敬っていう語。みつくら。
馬方・船頭・徒弟などの通称。 夜更けては君が寝巻とうたひ連て、-仁介が夢を覚させ/浮世草子・一代男 3

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みつくら【三蔵】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐ぞう ‥ザウ【三蔵】
〘名〙
[一] 大化前代、大和政権の所有に属する斎蔵(いみくら)・内蔵(うちつくら)・大蔵(おおくら)の総称。
[二] 仏語。
① 仏教の聖典を三種に分類した、経蔵・律蔵・論蔵の総称。経蔵は仏の説法を集成し、律蔵は仏徒の戒律を集成し、論蔵は経典の注釈研究を集成したもの。
※続日本紀‐養老二年(718)一〇月庚午「五宗之学、三蔵之教、論討有異」
② (二)①に深く通じた高僧に対する敬称。また、(二)①の三蔵の翻訳者をもいう。真諦三蔵、玄奘(げんじょう)三蔵、法顕三蔵など。
※入唐求法巡礼行記(838‐847)三「昔者日本霊仙三蔵於亭子、奉見一万菩薩、遍礼訖」
③ 天台宗で、小乗の別称。〔法華経‐安楽行品〕
④ 仏と菩薩と声聞(しょうもん)のそれぞれの教え。また、声聞と縁覚と菩薩の教え。三乗。〔快馬鞭(1800)〕 〔釈氏要覧‐中〕
[三] 鍛冶屋、船頭、馬方など身分の低い者の通称。
※仮名草子・都風俗鑑(1681)一「三蔵やお夏迄もせどのかたすみ湯殿のかげにても以為(おもわく)をくどきて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みつ‐くら【三蔵】
〘名〙
① 令制前、大王の所有に属する斎蔵(いみくら)・内蔵(うちつくら)・大蔵(おおくら)の総称。さんぞう。
② 一般に、屋敷内に蔵が三つあることをいう。また、転じて富家に生まれ育ったおぼこ娘をいう。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第一三「お肌に添しあはれ摩胡の手 三つ蔵の内気ものさへ声を上」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

三蔵
みつくら
大和政権の財物を収納した斎蔵 (いみくら) ・内蔵 (うちくら) ・大蔵 (おおくら) の三つの倉庫をいう
「さんぞう」とも読む。斎蔵は神の貢租をおさめ斎部氏 (いんべうじ) が世襲管理した。内蔵は大王家の財物を収納し,東漢氏 (やまとのあやうじ) ・西文氏 (かわちのふみうじ) が事務をつかさどり,大蔵は政府の貢租をおさめ,秦氏 (はたうじ) が事務をつかさどった。ともに蘇我氏が轄したという。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三蔵
さんぞう

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三蔵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三蔵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation