@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三藩の乱【さんぱんのらん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三藩の乱
さんぱんのらん
San-fan
中国,初の反乱 (1673~81) 。三藩とは雲南の平西王呉三桂広東の平南王尚之信福建の靖南王耿精忠をいう。清は,中国内地征服に際して活躍した漢人武将の呉三桂,尚可喜 (尚之信の父) ,耿仲明 (耿精忠の祖父) の大功を賞し,呉,尚,耿継茂 (精忠の父) を王としてそれぞれ雲南,広東,福建に封じた。彼らは強力な軍事・民政・財政権をみずからの手に握り,あたかも独立政権のごとき存在であった。中国の反清勢力を討伐すると,清朝はこれら三藩の勢力がみずからを脅かすものとみて,警戒心を高めた。康煕 12 (73) 年に尚可喜が引退して帰郷することを願い出たので,清はこの機に乗じて尚一族全員の撤藩 (半独立的な藩国の廃止) を命じた。この報に驚いた呉三桂と耿精忠は試みに撤藩を願い出てみたところ,同じように撤藩の命が下った。清の意図を知った呉三桂は反清の兵をあげ,湖南に進出してここを根拠地とし,四川,陝西,江西,福建,広東へと軍を進めた。耿精忠はこれに呼応し,尚之信も同 15年に挙兵したがまもなくくだり,精忠も翌年くだった。三桂は同 17年に湖南で位につき反抗を続けたが,まもなく死亡し,三桂の跡を襲った孫の呉世ぱんも同 20年 10月に清軍に囲まれ自殺し,乱は鎮定された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんぱん‐の‐らん【三藩の乱】
中国の初1673年に起こった反乱。三藩とよばれていた雲南呉三桂広東の尚之信、福建の耿精忠が、三藩廃止令に反対して挙兵したが、康熙帝によって1681年に平定され、清朝の中国支配が確立した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんぱんのらん【三藩の乱】
中国,清初の反乱。三藩sān fānとは雲南に駐する平西王呉三桂,広東の平南王尚可喜,福建の靖南王耿精忠(祖父,耿仲明,父,耿継茂)をいう。彼らは清に下った明の武将とその子孫で,清の中国平定に力を尽くし,王爵を与えられ,有力な軍団を率いて南中国の諸地に駐し,強大な勢力をふるった。1673年(康熙12)康熙帝が三藩を撤去しようとすると,まず呉三桂が反乱を起こし,ついで耿精忠や陝西の提督王輔臣らが反乱に加わり,台湾の鄭氏も援助し,76年には尚可喜の子,尚之信も反した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

三藩の乱
さんぱんのらん

中国、清(しん)朝の1673~81年の、漢人将軍の反乱。三藩とは雲南の呉三桂(ごさんけい)、広東(カントン)の尚之信(しょうししん)、福建の耿精忠(こうせいちゅう)をいう。満州人政権である清朝は、中国支配にあたって多くの投降漢人を使用したが、その多くが「八旗漢軍」に編入された。しかし、呉三桂、尚可喜(かき)(之信の父)、耿仲明(ちゅうめい)(精忠の祖父)の3人は、それぞれ配下に多くの将兵をもち、中国平定戦争に大功があったため、平定後もその軍団は解体されずに、三桂は雲南に平西王、可喜が広東に平南王、継茂(けいも)(仲明の子)が福建に靖南(せいなん)王として封ぜられ、それぞれ藩府を開き、軍事、財政権を有して、やがて中央政府の意向を無視する独立政権的存在となった。このような三藩の存在は、中国全土を支配下に収めたのちの清朝の容認しうるものではなく、1673年の尚可喜の遼東(りょうとう)への引退願いに端を発して、清朝は三藩の撤藩を命じた。このため三桂が挙兵し、74年に精忠が呼応、76年には之信が三桂に投降した。各地の反清勢力も加わって、一時は揚子江(ようすこう)以南が三藩の支配下となった。しかし、三藩の間に統一した動きはなく、77年ごろから清軍の攻勢が続き、78年8月に湖南で三桂が没し、後継者の呉世璠(せいはん)も81年に自殺し鎮圧された。この乱の鎮圧以後に清の中国支配が確立したといえる。

[細谷良夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

三藩の乱
さんぱんのらん
清初期の1673〜81年に起きた漢人将軍の内乱
三藩とは雲南の平西王呉三桂,広東の平南王尚可喜 (しようかき) と子の尚之信 (しようししん) ,福建の靖南王耿継茂 (こうけいも) と子の耿精忠をさす。彼らは明から降伏した漢人武将で,清の統一に活躍,それぞれ王に封じられて直属軍団をもち,軍閥化した。1673年尚可喜の辞意表明をうけた康熙 (こうき) 帝の平南廃藩令に対し,まず呉三桂が明朝回復を旗印にして反乱を起こした。これに他の2王や漢人武将も加わって,西南部10省に及ぶ大乱となり,台湾の鄭経 (ていけい) (鄭成功の子)もこれを援助した。やがて呉三桂はみずから帝位についたが,彼が病死(1678)すると,1681年清は乱を鎮圧して中国支配を確立した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三藩の乱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三藩の乱の関連情報

関連キーワード

北村季吟検地カロンヴィルマンカロン延宝井原西鶴検地呉三桂

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation