@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三観【さんがん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三観
さんがん
仏教用語。天台教学では,この世界の差別的現象 (諸法) とその本体である絶対的真実 (実相) とのかかわり合いを空・・中という3方面 (→三諦 ) から観想する空観仮観中観空仮中の三観という。空諦とはすべての存在に実体はなく空であるという真理仮諦とは,すべての存在は縁起せるもので仮有であるという真理であり,中諦とはこれら空と仮との2面は不二一如である道理をいう。天台の究極立場 (→円教 ) ではこの三諦は相互に別個のものではなく,互いに融している (→円融三諦 ) のであり,われわれ衆生の一念の心のなかにこの真理がとけあって実現していると観じる一心三観は天台の究極の境地となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さん‐がん〔‐グワン〕【三観】
仏語。3種の観法。天台宗で説く空観・仮観・中観が最も著名。律宗では性空・相空・唯識華厳宗では真空観・理事無礙観(りじむがいかん)・事事無礙観を説く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐がん ‥グヮン【三観】
〘名〙 仏語。三種の観法。天台宗で説く空観・仮観・中観の三つがもっとも著名。律宗では性空・相空・唯識の三観、華厳宗では真空観・理事無碍観・周徧含容観の三つを説く。〔顕戒論(820)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三観」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三観の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation