@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三角法【さんかくほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三角法
さんかくほう
trigonometry
図形の量的関係の研究や測量などにおいて,三角形の関係を基礎に,問題を処理する手法を一般に三角法という。特に三角関数数学的取扱いと,図形や測量の問題への応用をさす。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんかくほう【三角法 trigonometry】
平面または球面上の三角形ABCは三つの角A,B,Cと三つの辺a,b,cの6要素から成り立っているが,三角関数を用いると,これらの6要素の間のいろいろな関係式が得られる。例えば平面上の三角形については,が成り立ち,球面上の三角形については,が成り立つ(図)。このような関係式を基本として,三角関数を応用することによって図形を研究するのが三角法である。対象が平面上の図形の場合には平面三角法,対象が球面上の図形の場合には球面三角法と呼ばれている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

三角法
さんかくほう

直角三角形の辺の比によって決まる三角比を用いて、図形に関する計算をする方法。測量、航海、天文などの実用上の必要により、古くから発展した。大別して、平面上の問題を扱う平面三角法と、球面上の問題を扱う球面三角法に分かれるが、「球面三角法」は別項目で扱うので、ここでは平面三角法について説明する。

 図Aのような直角三角形において、次のように6種の三角比を定める。


ここでは角が0゜<A<90゜と局限されている。これを一般角にまで拡張したものが三角関数である。三角形の性質を一般的に調べるためには、少なくとも鈍角に対してまで定義された関数値が必要である。以下では、三角比は三角関数として、すべての一般角について定義されているものとして扱う。いくつかの角については、三角比の値は、図形の性質を用いて容易に計算される(表1)。

[竹之内脩]

正弦定理、余弦定理

これらは計算の基礎となる定理である。いま、三角形ABCの三つの角の大きさをA、B、C、辺BC、CA、ABの長さをabcで表す。これらを三角形の六要素という。三角形の性質を用いて表2にあげたような定理が成り立つ。このほか面積公式、ヘロンの公式、半角の正弦・余弦を表す公式もよく知られている。次のように、三角形ABCの六つの要素のうち適当な三つが与えられると、三角形の形状がそれによって定まり、他の三つの要素はそれらから計算される(図B)。これを、三角形を解くという。三角測量は、この方法を継続して行っていくものである。

(1)2角と夾辺(きょうへん)が与えられている場合。角B、角Cとその間の辺aが与えられているとする。A=180゜-(BC)であり、b、cは正弦定理の適用により求められる。

(2)2辺と夾角が与えられている場合。2辺b、cとその間の角Aが与えられているとする。第二余弦定理によりaの値が求められるから、次の3辺の場合に帰する。

(3)3辺が与えられている場合。3辺abcが与えられると、半角の正弦、余弦を求める公式によって三つの角が求められる。

[竹之内脩]

三角法の歴史

三角法の起源は古く、紀元前150年ころギリシアの天文学者ヒッパルコスにより円の角と弦の表がつくられたというが、現存しない。150年ころプトレマイオスは、円の中心角の大きさ0.5度おきに対応する弦の長さの表をつくった。これは、図Cにおいて、円の半径を1とするとa=2sin(α/2)であるから、正弦の表である。これは航海での実際上の必要性から研究が進み、その詳しい表が次々とつくられた。インド、アラビアにおける発展を経て12世紀ころからヨーロッパに再輸入された三角法は、さらに発展を続けた。15世紀末レギモンタヌスは、正弦、正接の詳細な表をつくり、また現代に至る形式を三角法に与え、その系統的展開を行った。正弦定理もこのなかに現れるが、余弦定理は16世紀末ビエタによって得られた。

[竹之内脩]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さんかく‐ほう ‥ハフ【三角法】
〘名〙
① 三角関数の性質や、その応用を研究する数学の一分科。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕
② 第三角(第三象限)に物体をおいて製図する投影図法。第三画法。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんかく‐ほう〔‐ハフ〕【三角法】
三角関数の性質やその応用を研究する数学の一分野。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三角法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三角法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation