@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三角【みすみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三角
みすみ
熊本県中部,宇城市西部の旧町域。宇土半島先端部にある。八代海に浮かぶ戸馳島を含む。1902年町制。1955年戸馳村,郡浦村,大岳村の 3村と合体。2005年小川町,不知火町,豊野町,松橋町と合体し宇城市となる。中心地区三は明治期からの港町で,別府阿蘇雲仙-長崎を結ぶ観光ルートの要地。島原港との間にフェリーが通じるほか,県下有数の貿易港でもあり,重要港湾に指定。三角港の西港地区は 1880年にオランダ人技術者によって設計され,国費を投じて 1887年開港した。日本最初期の本格的な近代港湾施設で,三角旧港(三角西港)として国の重要文化財に指定され,2015年には世界遺産の文化遺産に登録された。天草五橋天草パールライン)により大矢野島天草諸島と結ばれ,天草観光の基地としての重要性も増している。周辺は丘陵性の山地が広く,ミカン栽培が盛ん。国指定史跡の小田良古墳があり,一部は三角大矢野海辺県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さん‐かく【三角】
三つの角(かど)があること。また、その形。三角形。
三角法」「三角関数」などの

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さんかく【三角】
三つの角をもつ図形。三角形。
「三角関数」「三角法」の略。
屠蘇とそ袋の異名。形が三角形なのでいう。 -はめでたい薬袋なり/柳多留 24

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みすみ【三角】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

三角
みすみ
熊本県中部、宇土(うと)郡にあった旧町名(三角町(まち))。現在は宇城市(うきし)の西部を占める地域。旧三角町は1902年(明治35)町制施行。1955年(昭和30)郡浦(ごうのうら)、戸馳(とばせ)、大嶽(おおたけ)の3村と合併。2005年(平成17)不知火(しらぬひ)町、松橋(まつばせ)町、小川(おがわ)町、豊野(とよの)町と合併、市制施行して宇城市となった。なお、この合併で行政単位としての宇土郡はなくなった。旧町域は、宇土半島の西南端に位置し、島原湾と八代海に臨み、架橋された戸馳島(とばせじま)を含む。また、三角ノ瀬戸を挟んで西に位置する大矢野島(上天草市)とは、天草五橋の1号橋である天門橋で結ばれる。樹枝状に発達している谷底平野は、久しく主幹産業である米麦農業の舞台であったが、海岸の温暖な緩傾斜地を利用して始められた柑橘(かんきつ)栽培はいまや三角の農業の中核となっており、樹園地は大岳(おおたけ)(478メートル)、三角岳(406メートル)の中腹にも広がっている。宇土半島の北西端に位置する三角旧港(三角西港)施設は、貿易振興を目的として1887年(明治20)に開港、高度な石造技術が発揮されたわが国最初期の本格的近代港湾施設である。内務省お雇いのオランダ人技師ルーエンホルスト・ムルドルによって設計され、単なる港湾の修築のみならず、総合的な都市計画を具備したものとして、また当時の遺構がそのまま残る貴重な近代の文化遺産として、国指定の重要文化財(建造物)となっている。熊本県下最初の特別輸出港・貿易港としての同港の機能が衰え始めたのは、1903年(明治36)三角線(現、JR)が現在の三角港(三角東港)まで開通したのが直接の原因である。この東港も、天草(あまくさ)五橋の開通(1966)に伴う国道57号(北岸道路)、国道266号(南岸道路)の整備によって、その取扱い貨物量は伸び悩んでいる。かわって観光ルートの中継地としての地位が確立した。小田良古墳(おだら)(国史跡)、龍驤館(りゅうじょうかん)(武道場)、九州海技学院(旧、宇土郡役所)、天翔台(てんしょうだい)(展望台)や大田尾(おおたお)・若宮海水浴場、さらに戸馳花卉(かき)団地、戸馳車エビ養殖池など観光資源には事欠かない。[山口守人]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

三角 (スクチ)
学名:Liza carinatas
動物。ボラ科の海水魚

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三角 (ミツカド)
植物。カヤツリグサ科の抽水性多年草,薬用植物。ウキヤガラの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三角 (ミツカド)
植物。カヤツリグサ科の一年草。カヤツリグサの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐かく【三角】
[1] 〘名〙
① 三つの角があること。また、そのような形。三角形。
※正法眼蔵(1231‐53)洗浄「籌はながさ八寸につくりて三角なり、ふとさは手拇指大なり」
② 屠蘇(とそ)袋。三角形に縫うのでいう。
※雑俳・柳多留‐二四(1791)「三角は目出たい薬袋なり」
③ 江戸時代、中世の北条家をしゃれていった語。家紋が三鱗(みつうろこ)であったことによる。
※雑俳・柳多留‐六四(1813)「三角の法で時政世をふまへ」
④ 演劇関係で、紙やプラスチック系の材料で作った鱗(うろこ)形の雪をいう。三角な雪。
※小春(1900)〈国木田独歩〉四「高等学校に入る可き準備をして居た時でも、三角(カク)に対する冷淡は画に対する熱心と常(いつ)も両極をなして居た」
※欅の芽立(1936)〈橋本英吉〉二「要助と時江とクラは、三角のやうな関係だった」
[2] 江戸時代、江戸三田四国町と田町二丁目との間の三角の土地にあった岡場所。天保の改革によって取払いとなった。
※洒落本・南極駅路雀(1789)「兎角ゑてでなければ酒も呑めぬ硯蓋に四角な鶏卵も出来れば三角といふ遊女町有」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み‐かど【三角】
〘名〙 蕎麦(そば)をいう女房詞。そもじ。あおい。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みつ‐かど【三角】
〘名〙
① 三つの角。三稜(さんりょう)
※仮名草子・百物語評判(1686)四「雪は六出(ろくすゐ)と云うて必ず六出(むつかど)侍る、霜は三出(さんすゐ)と云ひて三出(ミツカド)あり」
② 三方に道が分かれた地点。三方に通じる辻(つじ)
※彼岸過迄(1912)〈夏目漱石〉停留所「三ツ角の交叉点迄出ると」
③ 茎の断面が三角形になっている草の称。カヤツリグサなど。〔俳諧・糸切歯(1762)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三角」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三角の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation