@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三蹟【サンセキ】

デジタル大辞泉

さん‐せき【三蹟/三跡】
平安中期の三人の能書家。また、その筆跡小野道風藤原佐理(ふじわらのすけまさ)藤原行成(ふじわらのゆきなり)。道風の筆跡を野跡(やせき)、佐理のを佐跡(させき)、行成のを権跡(ごんせき)という。三賢。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんせき【三蹟】
平安中期の能書家,小野道風藤原佐理(すけまさ),藤原行成(ゆきなり)の3人,またその書をさす。中国や日本では名数が好まれたが,書道のうえでも平安初期の嵯峨天皇,橘逸(はやなり),空海が〈三筆〉と称され,〈三蹟〉はこれに対応する。三蹟の語は厳密には野蹟(道風),佐蹟(佐理),権蹟(行成),すなわち3人の筆蹟をいう言葉である。この3人を組み合わせた起源については諸説あるが,藤原道長邸に後一条天皇が行幸したとき,道長がこの3人の書蹟を合わせて献上したことによると近衛家熙(いえひろ)が述べている(《槐記》)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

三蹟
さんせき

平安時代の能書家、小野道風(おののとうふう)、藤原佐理(すけまさ)、藤原行成(ゆきなり)の3人を尊崇した呼称。三賢、三聖ともいい、空海、嵯峨(さが)天皇、橘逸勢(たちばなのはやなり)を「三筆」とよぶのと同式である。また、「野道風(やどうふう)筆跡」を縮めて野跡(やせき)、佐理を佐跡(させき)、行成を権跡(ごんせき)(極官が権大納言(ごんだいなごん))とそれぞれよぶが、三蹟の呼称の初見は江戸時代の貝原益軒(かいばらえきけん)編『和漢名数』である。ただし、道風・佐理・行成の3人の組合せは、すでに平安末期の藤原教長(のりなが)著『才葉抄(さいようしょう)』にみられる。貴重な名筆を今日に伝える三蹟の活躍により、和様書道は完成をみたといえよう。

[久保木彰一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

三蹟
さんせき
平安中期を代表する3人の能書家,小野道風 (とうふう) ・藤原佐理 (さり) ・藤原行成 (こうぜい) をいう
10世紀から11世紀初めの人。平安初期の雄渾な中国風書道に対して日本風の優雅な和様書道を大成した。筆跡を道風は野蹟,佐理は佐蹟,行成は権蹟と呼ぶ。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三蹟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三蹟の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation