@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三遊亭円右【さんゆうていえんう】

世界大百科事典 第2版

さんゆうていえんう【三遊亭円右】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

三遊亭円右
さんゆうていえんう
(1860―1924)
明治・大正の落語家。初代。本名沢木勘次郎。2代三遊亭円橘(えんきつ)門下で橘六(きつろく)から三橘(さんきつ)となり、のち三遊亭円朝(えんちょう)門下となって1883年(明治16)円右と改名。非凡な芸で名人といわれ、大正時代に3代柳家小さんと並び称せられた。関東大震災後、2代円朝を継いだが高座に上らず病没した。2代円右(1891―1951)は初代の実子が継いだが大成しなかった。3代(1923―2006)は本名粕谷泰三。5代古今亭今輔(ここんていいますけ)門下で、寿輔(じゅすけ)から3代目を襲名。[関山和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三遊亭円右」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三遊亭円右の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation