@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三遊亭円馬【さんゆうていえんば】

世界大百科事典 第2版

さんゆうていえんば【三遊亭円馬】
落語家。(1)初代(1828‐80∥文政11‐明治13) 本名野末亀吉。2代三遊亭円生門下の名手。江戸両国の駒留に住んだところから〈駒留の円馬〉と呼ばれた。(2)2代(1857‐1918∥安政4‐大正7) 本名竹沢斧太郎。三遊亭円朝門下。大阪へ行き,晩年は円翁となった。(3)3代(1880‐1945∥明治13‐昭和20) 本名橋本卯三郎。大阪の落語家,月亭都勇(げつていとゆう)の子。立花屋左近から7代朝寝坊むらくになり,橋本川柳の名で大阪へ行き,3代円馬を襲名した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

三遊亭円馬
さんゆうていえんば
落語家。[関山和夫]

初代

(1828―80)本名野末亀吉(のずえかめきち)。三遊亭円朝(えんちょう)門下。明治前半の三遊派の雄。晩年、東京・東両国駒止(こまどめ)に住み「駒止の円馬」とよばれた。[関山和夫]

2代

(1854―1918)本名竹沢斧太郎(おのたろう)。円朝門下。円治、円弥、円雀(えんじゃく)から2代目襲名。1891年(明治24)大阪へ行き定住。名人と称された。[関山和夫]

3代

(1882―1945)本名橋本卯三郎。大阪で落語家月亭都勇(げっていとゆう)の子に生まれ、7歳で小勇。笑福亭木鶴(しょうふくていきかく)に入門し、小鶴(こかく)から都木松(ときまつ)。浮世節の立花家橘之助(きつのすけ)一座に入って上京し、橘松(きつまつ)と改名。立花家左近ともなり、三遊亭円左に師事。大阪落語の東遷に尽力。1909年(明治42)7代朝寝坊むらくになり、やがて橋本川柳(せんりゅう)と改めて大阪へ帰る。18年(大正7)3代目襲名。3代三遊亭金馬、8代桂文楽(かつらぶんらく)に影響を与える。[関山和夫]

4代

(1899―1984)本名森田彦太郎。2代・3代円馬に学ぶ。円童、とん馬、小円馬から4代目襲名。[関山和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三遊亭円馬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三遊亭円馬の関連情報

関連キーワード

宇田川榕菴ベルセリウスドラクロアカションサマーズツンベリーパークスフェントンユンケルメーソン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation