@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三遊亭金馬【さんゆうていきんば】

世界大百科事典 第2版

さんゆうていきんば【三遊亭金馬】
落語家。(1)初代(1857‐1923∥安政4‐大正12) 本名芳村忠次郎。三遊亭円朝門下,のち2代三遊亭小円朝となった。(2)2代(1868‐1926∥明治1‐昭和1) 本名碓井米吉。初代門下。(3)3代(1894‐1964∥明治27‐昭和39) 本名加藤専太郎。初代三遊亭円歌門下。流暢(りゆうちよう)平易な話術と明朗な芸風で落語普及に大きな功績を残した。《高田馬場》《入り》《佃(つくだ)祭》《居酒屋》などの古典を得意としたが,《角力(すもう)放送》《長屋チーム》などの新作も演じた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

三遊亭金馬
さんゆうていきんば
落語家。[関山和夫]

初代

(1857―1923)本名芳村忠次郎。三遊亭円朝門下で、小円太で真打(しんうち)になったが、金馬と改名。さらに1906年(明治39)2代小円朝(こえんちょう)を襲名した。[関山和夫]

2代

(1868―1926)本名碓井(うすい)米吉。初代門下。もと、お盆屋へ奉公したために俗に「お盆屋の金馬」といわれた。[関山和夫]

3代

(1894―1964)本名加藤専太郎。初代三遊亭円歌門下。3代円馬にも学ぶ。歌当(かとう)、歌笑(かしょう)を経て円洲で真打になったが、1926年(大正15)4月3代目襲名。わかりやすい落語で定評があり、『浮世断語』など著書も残した。[関山和夫]

4代

(1929― )本名松本龍典(りゅうすけ)。3代門下。金時から小金馬を経て4代目襲名。[関山和夫]
『『三代目三遊亭金馬集』(1970・青蛙房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さんゆうてい‐きんば【三遊亭金馬】
三世。落語家。本名加藤専太郎。三世円馬に師事。大正一五年(一九二六)金馬を襲名。古典落語のほか、「相撲放送」などの新作も得意。明治二七~昭和三九年(一八九四‐一九六四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三遊亭金馬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三遊亭金馬の関連情報

関連キーワード

島津保次郎溝口健二衣笠貞之助インドの大反乱ケクレインド大反乱村田実ハンセン(Peter Andreas Hansen)ブント(Wilhelm Wundt)西川扇蔵

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation