@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三郡山地【さんぐんさんち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三郡山地
さんぐんさんち
福岡県中部,福岡市東方の三郡山 (936m) を中心に,北西から南東へ約 60km弧状に連なり,福岡県を東西に2分する山地筑紫山地の一部で,北部は中生層,中部は変成岩蛇紋岩,南部は花崗岩などから成る。北端の宗像海岸は玄海国定公園,中部は太宰府県立自然公園,南部は筑後川県立自然公園に属し,南東端は英彦山地 (ひこさんち) に続く。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんぐんさんち【三郡山地】
福岡県中央部,直方(のうがた)平野と福岡・筑紫つくし)両平野の間に位置する弧状の山地。北部は玄界灘に没し,南東部は嘉麻かま(500m)をへだてて火山岩からなる英彦(ひこ)山に続く。最高峰は山地のほぼ中央部,粕屋(かすや),筑紫(ちくし),嘉穂(かほ)の3郡のに位置する三郡山(936m)で,ここから北に向かってしだいに高度を下げ,犬鳴(いぬなき)峠三坂峠(170m)などに分断されている。三郡山南東の冷水(ひやみず)峠(283m)から南東部は古処(こしよ)山地と呼ばれることもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

三郡山地
さんぐんさんち

福岡県中部を宗像(むなかた)海岸から南東方英彦(ひこ)山(1199メートル)まで約60キロメートルの弧状に続く地塁状の地塊山地。筑紫山地(つくしさんち)の一部をなす。かつての糟屋(かすや)、筑紫(ちくし)、嘉穂(かほ)の3郡の境界に位置する三郡山(936メートル)を主峰とし、おもに中生層の花崗(かこう)岩や三郡変成岩からなる山地で、北から西(にし)山(645メートル)、鉾立(ほこたて)山(663メートル)、宝満(ほうまん)山(869メートル)、古処(こしょ)山(860メートル)、馬見(うまみ)山(978メートル)などが並び、福岡県を東西に分ける。断層山地であるため高度のわりには古くから交通障害となってきたが、現在では主要道路が犬鳴峠(いぬなきとうげ)(367メートル)、八木山峠(やきやまとうげ)(228メートル)、冷水峠(ひやみずとうげ)(283メートル)を越えて福岡地区と筑豊(ちくほう)地区を結ぶ一方、JR鹿児島本線、篠栗(ささぐり)線、筑豊本線もトンネルで貫通して障害を克服しつつある。犬鳴山以南ではスギの植林が進み、三郡、宝満の山々は太宰府(だざいふ)県立自然公園、古処山一帯は筑後川(ちくごがわ)県立自然公園に含まれ、ハイキング客も多い。

[石黒正紀]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三郡山地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三郡山地の関連情報

関連キーワード

大観峰ウラーンゴムキンバリー高原大観峰

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation