@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三部会【サンブカイ】

デジタル大辞泉

さんぶ‐かい〔‐クワイ〕【三部会】
フランスの中世末から絶対王権確立期までの身分制議会聖職者貴族平民の三身分の代表者から構成され、全国三部会地方三部会に分けられる。全国三部会は1615年以降は招集されず、1789年5月に再開され、フランス革命導火線となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんぶかい【三部会】
中世後期に創設されたフランスの身分制議会。聖職者,貴族,第三身分(平民)の各代表によって構成され,審議は身分ごとに形成される部会単位で行われたため〈三部会〉と呼ばれる。全国三部会États générauxと地方三部会États provinciauxとがある。全国三部会は通算約60回開催されたが,その歴史はの4時期に分けることができる。(1)1302年から15世紀半ばまで。最初のものとして有名な1302年の三部会,続く08年の三部会等ののち,百年戦争期に入ると王権の戦争政策に対する国民の支持を獲得するため頻繁に開催された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さんぶかい【三部会】
僧侶・貴族・平民の議員で構成されるフランスの身分制議会。1302年成立とされ、絶対王政確立により1614年閉鎖。再開された1789年、討議形式をめぐって紛糾し、フランス革命の端緒と成る。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

三部会
さんぶかい

旧制度下のフランスの身分制議会。全国三部会(エタ・ジェネロ)États générauxおよび地方三部会(エタ・プロバンシォ)États provinciauxがある。

[岡本 明]

全国三部会

僧侶(そうりょ)、貴族、平民の各議員で構成され、1302年、僧侶への課税を企てたフィリップ4世(在位1285~1314)がローマ教皇ボニファティウス8世に対し国の結束を誇示するために招集したのが最初とされる。08年にはテンプル騎士団の解散のためにも開催。百年戦争中、ジャン善良王(在位1350~64)が捕虜になると、延べ3年にわたり常時開会となり、三部会の発意による定期会合、租税徴収への承認権などを摂政(せっしょう)に認めさせた。とはいえ、近代的議会制への道はまだ開かれておらず、商人組合長エチエンヌ・マルセルの乱(1358)の失敗後、三部会の試みは挫折(ざせつ)した。15世紀末からはカイエ(陳情書)を持ち寄って統一カイエを作成し、国王に提出する習わしとなる。宗教戦争中、招集の機会が増え、1560年にオルレアン、76年、88年ブロアで開かれ、宗教和議が行われたが宗派対立は深まった。93年のパリでの三部会はリーグ(カトリック強硬派)のみの会合で、ユグノーの王位継承者アンリ・ド・ナバル(後のアンリ4世)に反対し異端王の即位を認めないとの決議をした。制限王制的な動きが強まるなかで1614年、摂政マリ・ド・メディシスが招集した三部会では、僧族は、司教座空位中に国王が聖職禄(ろく)を転売することの中止を、貴族は売官制の撤回を、平民はガリカニズム(国家教会制度)の擁護とタイユ(人頭税)の減免をそれぞれ要求し、3身分の足並みがそろわなかったため、成果なしに解散した。これ以後、革命前夜まで一度も招集されなかった。絶対王制の時代に入ったのである。

 1788年、ルイ16世は高等法院の要求をいれ、窮迫する財政について三部会の意見を徴することとし、財務長官ネッケルの勧めで、伝統的形式をやや修正して招集した。つまり、平民議員の倍増と司祭など下級聖職者、非法服の貴族を議員に選ばれやすくしたのである。翌年5月、ベルサイユに招集された三部会では、冒頭から討議形式で紛糾した。平民身分は財政より憲法制定が先決であるとし、独自に国民議会を宣言、特権身分からも合流する者が出て帰趨(きすう)を決し、フランスはここに革命を迎えることとなる。

[岡本 明]

地方三部会

14世紀以降、地方に国王の封建的な支配権が及ぶと、それまでの公伯の諮問的な身分会議が地方三部会として存続することになった。ノルマンディー、ブルゴーニュ、ブルターニュ、プロバンスなどがその例で、これらの地をペイ・デタとよぶ。各地方三部会は税種の選択や減額交渉の権利をもち、直属の徴税人がタイユの徴収にあたった。リシュリューが宰相(1624~42)のときドフィーネやギエンヌの三部会は事実上廃止され、ルイ14世の親政期(1661~1715)にもフランシュ・コンテ、ノルマンディーのそれは権限を弱められた。地方三部会を廃止されたところでは、革命前夜、貴族を中心に再建運動が起こった。

[岡本 明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さんぶ‐かい ‥クヮイ【三部会】
〘名〙 (États généraux の訳語) 一四世紀初頭に始まるフランスの身分制議会。僧侶・貴族・平民の三身分によって構成され、ふつうは国王の課税に協力させる目的で召集された。一六一五年以後中断、一七八九年に再び召集されたが、議決方法をめぐって紛糾し、フランス革命誘発の一因となった。全国三部会。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

三部会
さんぶかい
États généraux
フランスの身分制議会
僧侶・貴族・平民の3身分の代表で構成。1302年に教皇ボニファティウス8世と抗争中のフィリップ4世がパリに召集したのが始まりとされる。その後,国王の課税協賛機関となった。絶対主義が強化されるにおよび,1615年の閉会以来閉鎖され,1789年に再開されてフランス革命の発端となった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三部会
さんぶかい

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三部会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三部会の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation