@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三郷【みさと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三郷
みさと
長野県西部,安曇野市南部の旧村域。松本盆地の西縁にある。 1954年温村,小倉村,明盛村が合体して三郷村が成立。 2005年豊科町,穂高町,堀金村,明科町の3町1村と合体して安曇野市となった。安曇野の南部,梓川下流の扇状地上にあり,米作が行なわれ,生産力も高い。西部の黒沢山の山麓は昭和初期まで桑園が多かったが,リンゴなどの果樹園と水田に転換した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みさと【三郷】
埼玉県南東部の市。江戸川中川に挟まれ、江戸時代は早稲米地帯。現在は宅地化が進み、東京圏の住宅都市。人口13.1万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

三郷
みさと

長野県西部、南安曇郡(みなみあずみぐん)にあった旧村名(三郷村(むら))。現在は安曇野(あづみの)市の南部を占める。旧三郷村は1954年(昭和29)温(ゆたか)、明盛(めいせい)、小倉(おぐら)の3村が合併して成立。2005年(平成17)同郡豊科(とよしな)町、穂高(ほたか)町、堀金(ほりがね)村、東筑摩(ひがしちくま)郡明科(あかしな)町と合併して市制施行、安曇野市となった。旧村域は松本盆地の西縁に位置し、JR大糸線が通じる。温、明盛地区は梓(あずさ)川の扇状地にあり、用水路の開削により県下の米作の核心地をなしている。小倉地区は伏流水の黒沢川扇状地にあり、開拓は明治以後で畑地が多く、かつては桑園であったが、現在はリンゴ、モモなどを栽培する。

[小林寛義]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐ごう ‥ガウ【三郷】
江戸時代、大坂を南組・北組・天満組の三区に分けたものの併称。大川以北を天満組とし、大川以南を本町通りを境に南北に分け、それぞれ南組と北組とした。大坂三郷。
※浄瑠璃・心中天の網島(1720)上「天満(てんま)大坂三がうに男も多いに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みさと【三郷】
埼玉県南東部の地名。江戸川と中川(古利根川)に挟まれた低地にあり、東京都と千葉県に接する。昭和四八年(一九七三)JR武蔵野線三郷駅開設以後、急速に都市化が進み、東京の住宅都市となる。同四七年市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三郷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三郷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation