@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三陟【さんちょく】

世界大百科事典 第2版

さんちょく【三陟 Samch‘ŏk】
韓国,江原道南東部の東海岸沿い,日本海に面した都市。人口9万0043(1995)。古代には悉直国の名がみえるが,6世紀初めに新羅の悉直州となり,8世紀ころには現在の地名である三陟郡がおかれた。無煙炭,石灰亜鉛などの産地として知られ,三陟火力発電所を中心にこれらの地下資源を利用したセメント,化学肥料,カーボンなどの工場がある。嶺東(ソウル~江陵。1976)・東海(江陵~東海。1979)両高速道路の完成によってソウルからの一日経済圏に編入された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

三陟
さんちょく / サムチョク

韓国(大韓民国)、江原道(こうげんどう/カンウォンド)南部東海岸の小都市。面積1185.8平方キロメートル、人口7万5592(2000)。1986年、市に昇格。95年、三陟郡と統合。沿岸漁業根拠地である。三陟の外港と漁港の役目を果たす汀羅(ていら)港がある。イカ、カタクチイワシ、サンマ、明太(メンタイ)(スケトウダラ)などの漁獲が多い。付近の豊かな石灰岩はセメント工場の原料になっている。ソウル行きの高速バスターミナルがある。

[邢 基 柱]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三陟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三陟の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation