@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

上京【カミギョウ】

デジタル大辞泉

かみ‐ぎょう〔かみギヤウ〕【上京】
京都市北部の三条通りの、御所を中心とする地域。
市北部の区名。明治22年(1889)の市制下京区とともに成立、昭和4年(1929)左京中京・東山各区を、同30年北区を分離。御所・府庁・西陣織物会館がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう‐きょう〔ジヤウキヤウ〕【上京】
[名](スル)地方で暮らす人が都に行くこと。特に東京へ行くこと。「息子に会いに上京する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かみぎょう【上京】
京都の地名。平安末期から鎌倉初期にかけて,かつての平安京右京は土地湿潤のためにすたれ,人々は左京へ移住した(《方丈記》)。このため京域は南北に細長い区画となり,条坊の範囲を越え公家邸も北へと延びはじめた。こういった経過から,旧来の東・西(左・右)から上・下という新たな地域概念が発生するが,1275年(建治1)には記録上に〈上・下町中〉の記述もあらわれる(《思円上人一期形像記》)。次いで14世紀末から15世紀にかけて,火災記事などに〈上辺・下辺〉〈上京・下京〉などの用例が数多くみえるようになり(《山科家礼記》ほか),このころには上京・下京が独立した集落を形成していたことがうかがえる(当時の両京のは二条通付近)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

かみぎょう かみギャウ【上京】
[一] 京都市の行政区の一つ。明治二二年(一八八九)成立。市北西部、鴨川と紙屋川(天神川)に挟まれた地域。京都御所、北野天満宮のほか、京都府庁、同志社大学などがあり、行政・文化の中心的地域。昭和三〇年(一九五五)北区を分区。
[二] 京都市の、三条通りを境にした北部の称。
※太平記(14C後)三三「二月十五日の朝は、東山の勢共上京へ打入て、兵粮を取る由聞へけれは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう‐きょう ジャウキャウ【上京】
〘名〙 みやこにのぼること。昔は、地方から京都に行くこと。今では、地方から東京に行くこと。
※宗湛日記‐天正一四年(1586)「二十三日上京、宗及老御宿に始て参候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上京」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上京の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation