@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

上国【ジョウコク】

デジタル大辞泉

じょう‐こく〔ジヤウ‐〕【上国】
都に近い国々。
律令制で、面積や人口などによって諸国を大・上・中・下の四等級に分けたうちの、第二位の国。山城摂津など30余国。
都へ上ること。上京。
「―のみぎりは、さいさい待ち入」〈咄・きのふはけふ・下〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うわ‐つ‐くに うは‥【上国】
〘名〙 (「上の国」の意)
① 海底の国に対して陸上の国。
※書紀(720)神代下「上(ウハツ)国に還らむと意望欲(おほ)せり〈上国、此をば羽播豆矩儞(ウハツクニ)と云ふ〉」
② 黄泉国(よみのくに)に対して現世。
※延喜式(927)祝詞・鎮火祭「吾が名妋(なせ)の命は、上津国(うはツくに)を知ろしめすべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう‐こく ジャウ‥【上国】
〘名〙
① 都に近い国々。
※田氏家集(892頃)中・和野秀才秋夜即事見寄新詩「厭倦衙門苦、逢迎上国良」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉五「或は甲越の合戦と云ひ、或は上国と関東との取合と言ひ」 〔春秋左伝‐昭公二七年〕
② 令制で、国を管郡数・戸口数などにより四等級に分けたその第二位の国の称。山城・摂津など。大国・中国・下国に対していう。
※令義解(718)職員「上国 守一人。介一人」
③ 近世、石高(こくだか)が大きく、勢力の強い藩をいう。大藩。
※俳諧・鶉衣(1727‐79)後「幸に上国世臣の家に生れて」
④ (━する) 都へ上ること。
※上井覚兼日記‐天正一〇年(1582)一二月一二日「左様之儀等聞合被成候て、上国有度候」
⑤ 文化の進んだ、優れた国。また、豊かな国。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上国の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation