@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

上島古墳【あげしまこふん】

国指定史跡ガイド

あげしまこふん【上島古墳】

島根県出雲(いずも)市国富町にある古墳。旅伏(たぶし)山の東麓の急斜面につくられた、径約15m、高さ約2mの円墳。1949年(昭和24)に開墾の際、直接土中に埋められた石棺と、それと平行して埋められた竪穴(たてあな)式石室が発見された。石棺は凝灰岩を刳()り抜いた一種の家形石棺で、内法長さ約1.83m、幅約0.69m。中からは成人男子とみられる人骨と、管玉(くだたま)、小玉、銀環、五鈴鏡、鈴釧(すずくしろ)、鉄製刀身、鉄製刀子(とうす)などの副葬品が見つかった。石室は長さ約1.85m、幅約0.7m、高さ約0.7mと小型で、鉄鏃(てつぞく)、轡(くつわ)などが出土し、6世紀の中ごろ~後半にかけて築造されたものと考えられる。山陰地方では珍しい五鈴鏡などが出土し、この地方の古墳時代中期から後期に移る時期を代表する古墳である。1957年(昭和32)に国の史跡に指定された。一畑電車旅伏駅から徒歩約15分。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

上島古墳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上島古墳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation