@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

上市町【かみいち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

上市〔町〕
かみいち
富山県東部,立山連峰に源を発する早月川上市川の上流部と上市川扇状地を占める町。1889年町制。1953年南加積村,宮川村,柿沢村,山加積村,大岩村の 5村と合体して上市町となる。1954年相ノ木村,白萩村の 2村を編入立山信仰(→立山)と結びついて早くから開けた。大岩山日石寺にある磨崖仏(国指定重要文化財)は行基の作と伝えられ,また眼目(さっか)の立山寺(りゅうせんじ)は曹洞宗の北陸大道場であった。中心地区は上市川の谷口にあり,参詣基地,市場町として発達。早月川上流の馬場島(ばんばじま)は剱岳登山の基地。紡績,機械,木材などの工業のほか,製薬と家庭配置薬業に従事する者も多い。農産物は米,野菜が主。東部は中部山岳国立公園に属する。面積 236.71km2。人口 2万930(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上市町」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上市町の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation