@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

上帝【じょうてい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

上帝
じょうてい
Shang-di
中国において最も古い神。天上界の支配者。殷代には,天空宇宙を統括する神格があると考え,それをと呼んだが,帝は上方に存在するので,次第に上帝と呼ぶようになった。儒教古典にしばしば現れ,昊天上帝などともいわれる。清末にはエホバと同一視されることもあった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょう‐てい〔ジヤウ‐〕【上帝】
天上にあって万物を主宰する者。天の神。天帝。また、地上の主宰者である天子。
キリスト教の造物主。天主。エホバ。ヤーウェ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょうてい【上帝】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

じょう‐てい ジャウ‥【上帝】
(「しょうてい」とも)
[1] 天上にある、万物の主宰者。天の神。天帝。また、地上の主宰者である天子をいう。
※家伝(760頃)上「帝臨私第、親問所患、請命上帝、求効翌日、而誓願无徴、病患彌重」 〔易経‐鼎卦〕
[2] キリスト教での天地創造の唯一絶対の神。上天皇帝。天主。造物主。ヤハウェ。造化。
※泰西国法論(1868)〈津田真道訳〉一「或は皇天上帝の命に託し或は天神の定むる所なりと称して」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上帝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上帝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation