@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

上座【かみざ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

上座
かみざ
社会的地位の上の人の着く席。日本では普通,席の正面,また座敷床の間がある場合はその前が上座で,入口に近いほうが下座であり,席次は左 (正面にって右) が上座となる。洋室の場合は暖炉の前が上座,その対面が次席で,一家主人と主婦はテーブルの両端にすわる。自動車では進行方向に向ってうしろ座席の右側が上席,左側が次席,中央が末席となるが,主人が運転する場合はその隣りが上席,うしろ座席が末席となる。農家いろりでは奥正面が主人の席で,向って左側が客座,その対面が主婦の席,土間に近いほうが下座となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上座
じょうざ
sthevira
仏教用語。長老と同じ。 (1) 出家後 10年を経過したの称。 (2) 出家者に対する敬称。 (3) 年長であり,有徳の僧侶寺務をする役僧。 (4) 曹洞宗僧階の一つ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かみ‐ざ【上座】
席のうち、最も上位の席。上席。じょうざ。⇔下座(しもざ)
舞台の、客席から見て右の方。上手(かみて)。⇔下座(しもざ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう‐ざ〔ジヤウ‐〕【上座】
《古くは「しょうざ」》上位の席。上席。かみざ。⇔下座(げざ)
修行を積み、教団を指導する地位の僧。
三綱(さんごう)の一。年長・有徳で、寺内を監督し、事務を統括する役僧。
禅宗で、相手の僧を敬っていう語。
曹洞宗の僧階の一。出家得度後に入(にっしゅ)したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かみざ【上座】
一つの部屋に同席したときに上位の者がすわるべき場所。どこをその部屋の上座と考えるかは室の配置や構成によって異なるが,一般的にはもっとも奥まった所である。座席の配置が明確に決まっていて,一目で同席者の序列を判断できることは,人間関係を円滑にしてきたといえるが,それがもっともはっきりと示されたのはの空間ではイロリの座であり,ハレの空間では座敷の席である。イロリでは,土間から見て正面の席を上座とする。この座を横座と呼び,家の主人のみがすわる所とするのが全国的である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

じょうざ【上座】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かみくら【上座】
上座かみざの席。じょうざ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かみざ【上座】
地位の高い人や客が座る座席。最も上手かみての座。 ⇔ 下座しもざ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょうざ【上座】
スル
古くはしょうざ 上位の座席。また、その座に着くこと。上席。かみざ。 ⇔ 下座げざ 己れ背はいに立ち-す/花柳春話 純一郎
10年以上修行を積んだ僧。教団の長老。
三綱の一。年長・有徳の者で、寺内の僧侶を監督し、寺務を統括する僧。
禅宗で、修行僧の上位にある者に対する敬称。また、相手の僧に対する敬称。
曹洞宗の僧階の一。出家得度し、入衆につしゆしたが、まだ安居あんごの首座となっていない者。
聖僧しようそうに同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かみ‐くら【上座】
※洒落本・廓宇久為寿(1818)前「かみくらに大火鉢をかまへて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かみ‐ざ【上座】
〘名〙
① 席の中で最も上手(かみて)の座。上位の人や客などが着く席。普通、床の間を背負った席か、入り口から遠い席。かみくら。じょうざ。上席。⇔下座(しもざ)
※わらんべ草(1660)一「其時のさほう、上座 太夫、其次 つれ、其次 わき」
② 芝居の舞台で、観客席から向かって右方の場所。上手(かみて)の位置。⇔下座(しもざ)
※歌舞伎・幼稚子敵討(1753)二「主税(ちから)・官蔵上下(かみしも)に而出(いでて)、上座へ直る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上座」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上座の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation