@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

上方文学【かみがたぶんがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

上方文学
かみがたぶんがく
江戸時代の主として前半期に,元禄 (1688~1704) を頂点として,京坂地方を中心に栄えた町人文学をいう。江戸文学と対する。町人階級の台頭,印刷技術の伝来,識字者の増加などを背景に,町人みずからが文学の主体となり,いきいきした写実活力によって前代までの文学と時代を画した。仮名草子古浄瑠璃貞門俳諧などの新興文学に始り,井原西鶴浮世草子近松門左衛門竹田出雲浄瑠璃坂田藤十郎歌舞伎,西山宗因らの談林俳諧などがはなやかに開花した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かみがた‐ぶんがく【上方文学】
江戸時代文学の一区分。元禄期(1688~1704)を頂点として京坂で行われた町人文学。生命力にあふれた文学で、井原西鶴浮世草子近松門左衛門らの浄瑠璃松尾芭蕉らの俳諧などがその代表。→江戸文学

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かみがたぶんがく【上方文学】
江戸時代の文学の一区分。地域的には京・大坂,時代的には元禄期(1688‐1704)を中心とする江戸時代前期をさす。時代はさらに,慶長(1596‐1615)ころから寛文延宝(1661‐81)ころまでの啓蒙期と,天和・貞享(1681‐88)から元禄期を中心に享保(1716‐36)までの発展期に分けられよう。17世紀初頭,印刷技術が輸入され出版文化が開花すると,読者層が町人階級にまで拡大した。しかし,近世文学の担い手たる町人階級はいまだ十分な成熟をみておらず,作者層となったのは前時代の文化を担っていた公卿武家,僧侶たちであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かみがたぶんがく【上方文学】
江戸時代文学(近世文学)の一区分。元禄期(1688~1704)を中心として京都・大坂で制作・出版された文学。井原西鶴の浮世草子のほか、八文字屋から出版される浮世草子類(八文字屋本)、近松門左衛門らの浄瑠璃などが代表的。 ⇔ 江戸文学

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かみがた‐ぶんがく【上方文学】
〘名〙 江戸時代の文学で、上方、すなわち、京都、大坂を中心に制作された文学作品の総称。元祿期(一六八八‐一七〇四)を中心にして、雅俗混交の俳諧的文体による町人文学で、井原西鶴の浮世草子、近松門左衛門の浄瑠璃などがその代表。後半期から幕末期に入ると、その文学史上の位置を江戸の文学に譲ることになるが、なお、特殊な領域では、制作活動も盛んであった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上方文学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上方文学の関連情報

関連キーワード

サブネットマスクボクシングライトヘビー級スーパーミドル級酒石酸サブネットマスク静的IPマスカレード出資ペルセウス[マケドニア王]マカベア戦争

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation