@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

上方舞【かみがたまい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

上方舞
かみがたまい
日本舞踊一種。近世以降に京都,大坂上方地方に興り,江戸の歌舞伎舞踊と異なり座敷舞として発達した。上方特有の「地歌」の伴奏によるものが主で,「地歌舞」ということもある。篠塚,井上などの京都で生れた「京舞」といわれる諸流や,大坂で生れた山村,楳茂都 (うめもと) らの流派があり,芸風もかなり異なるところがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かみがた‐まい〔‐まひ〕【上方舞】
京坂に起こり、発達した舞踊のこと。の舞を源とし、静かで跳躍が少なく、地歌を伴奏とするものが多い。→京舞地歌舞

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本文化いろは事典

上方舞
上方舞〔かみがたまい〕は日本舞踊の一種です。別名として、座敷で舞われる事が多いので「座敷舞」、地唄を伴奏とするので「地唄舞」とも言われます。

出典:シナジーマーティング(株)

世界大百科事典 第2版

かみがたまい【上方舞】
京阪地方で発達した舞踊の総称。上方舞は,宮中公家のあいだに伝えられた舞を源に,能の仕舞をやわらかく崩し,歌舞伎や人形浄瑠璃の所作事の技法を採り入れながらも,それを座敷舞として完成させたものである。町家の奥座敷や茶屋の座敷で舞われる座敷舞が本来であるが,座敷舞だけでなく,歌舞伎舞踊のような舞台舞踊も含まれる。上方舞として現在京阪にはっきり伝承されている流派は,京都の井上流,大阪の山村流楳茂都(うめもと)流,吉村流があり,室内舞踊の伝統に根ざした特有の個性をそなえた型が伝承されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かみがたまい【上方舞】
近世以後、京坂で座敷舞として発達した舞踊の総称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

上方舞
かみがたまい
日本舞踊のうち京阪地方で生まれた独特の舞踊をいう。なお、このなかで京都において発達したものを「京舞(きょうまい)」とよぶ。上方舞は上方における地唄(じうた)(地歌(じうた))を伴奏とする舞、つまり「地唄舞」が主体になっているため、一般には上方舞すなわち地唄舞とみなされることが多い。しかし地唄以外の音楽による舞もあるので、上方舞は地唄舞を含む、より広範囲のものをいう。上方舞という呼び方は第二次世界大戦後、吉村雄輝が種々の音曲による吉村流の舞について、花柳(はなやぎ)章太郎の意見を入れて定めたものである。江戸で発展した歌舞伎(かぶき)舞踊が「踊(おどり)」を根底にしているのに対して、上方舞は「舞」の伝統を基盤にしている。舞は江戸時代になり京坂歌舞伎に入ったが、そうした古い時代の作品はほとんど残っていない。現行のものは江戸末期以降に、能楽の舞や、公家(くげ)・諸侯・武家で愛好された御殿舞(ごてんまい)、また人形浄瑠璃(じょうるり)の人形や歌舞伎舞踊などの技法を摂取し、座敷舞として仕上げたものである。各流派の成り立ちには相違があり、それが流派の特色につながっている。
 大阪の山村流は、初世が京坂歌舞伎の振付師として活躍していた一方で、座敷舞、地唄舞をつくりあげ流祖となったので、歌舞伎色がやや濃い。また京舞の井上流は、初世が公家に仕えて白拍子舞(しらびょうしまい)や曲舞(くせまい)を修得して一流を成し、2世以降能楽との関連がとくに深かったのでやはりこの経緯をうなずかせる趣(おもむき)を備えている。なお、山村流のように流祖が男性である場合も、その伝承はおもに女性の舞手によりなされてきている。これは、中世の白拍子舞や、女曲舞、女舞の系統を引くものといえよう。作品の内容も女性の境遇や心情をうたったものが目だつ。また座敷の畳一畳(じょう)の中で舞うといった行動範囲の狭い、静的な技法が発達しており、「振(ふり)」にも象徴的な味わいが濃い。舞台で完成された歌舞伎舞踊が動的で具象的な振、はでな演出様式をとるのと対照的である。ただし、動的な技法を特色とする舞がないわけではなく、存在する。
 演目には、能からのいわゆる本行物(ほんぎょうもの)として代表的なものに地唄『鉄輪(かなわ)』『葵上(あおいのうえ)』『珠取海士(たまとりあま)』『八島』など、歌舞伎舞踊からのものに地唄『江戸土産(えどみやげ)』『鐘ヶ岬(かねがみさき)』などがあり、また人形浄瑠璃(じょうるり)からの義太夫(ぎだゆう)『小栗(おぐり)曲馬物語』『しゃべり山姥(やまんば)』『妹背山恋道行(いもせやまこいのみちゆき)』などがある。また逆に、地唄『越後獅子(えちごじし)』は有名な長唄の歌舞伎舞踊の原曲である。地唄の端歌物『雪』『黒髪』『小簾(こす)の戸』などはつややかな味わいが、追善曲『袖香炉(そでこうろ)』はしんみりと静かな曲趣が、作物(さくもの)(おどけもの)の『鼠(ねずみ)の道行』『荒れ鼠』などは作風のおもしろさが特色である。これらのほか江戸唄(長唄)、常磐津(ときわず)、清元(きよもと)、一中(いっちゅう)節、荻江(おぎえ)節などの演目もある。近年は、稀曲(ききょく)、新作の振付け発表も種々行われている。
 上方舞の流派では、文化(ぶんか)期(1804~18)に一流を成した京舞篠塚流(しのづかりゅう)が盛大であったが、明治中期に衰退し、近年も目だった活動はない。現在は京舞井上流、京舞を修得した流祖が大阪で創始した吉村流、大阪生粋の山村流、大阪で発展した楳茂都流(うめもとりゅう)が主で、ほかに御殿(ごてんまい)松本流や神崎(かんざき)流などがある。また、山村流をもとに独自の舞を確立した武原はんは著名で、故神崎流宗家神崎ひでとともに東京在住の舞手であった。[如月青子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かみがた‐まい ‥まひ【上方舞】
〘名〙 地唄舞を江戸で呼ぶ称。地唄に合わせて演じる舞踊。現在では上方でもいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上方舞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上方舞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation