@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

上杉憲実【うえすぎのりざね】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

上杉憲実
うえすぎのりざね
[生]応永18(1411)
[没]文正1(1466).閏2. 長門
室町時代の武将。越後上杉房方の3男。幼名は孔雀丸,のち四郎。号は高岩長棟雲洞庵主。山内上杉憲基の養子となって山内上杉家を継ぎ,安房守を称する。応永 26 (1419) 年関東管領として足利持氏執事となり,上野伊豆越後を領した。永享8 (36) 年持氏が信濃守護小笠原政康を討とうとしたが,これを諫止したことや,さらに同 10年持氏の嫡子賢王丸の元服問題で対立するなど,持氏との関係が悪化して上野国に帰った。持氏は実追討の兵を起したが,持氏討伐を企てた将軍足利義教に攻められ,永享の乱となった。憲実も京軍に加わり武蔵分倍河原に出陣。同 11年持氏敗死ののち,一時関東の政務をとったが,家督を弟清方に譲り,宝徳1 (49) 年伊豆の国清寺で出家諸国行脚の旅に出た。のち大内氏を頼り,長門大寧寺に住んだ。また鎌倉在住の頃,所領下野足利学校再興し,書籍を集め学徒を養成している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うえすぎ‐のりざね〔うへすぎ‐〕【上杉憲実】
[1410~1466]室町中期の武将関東管領。将軍足利義教(あしかがよしのり)と鎌倉公方足利持氏調停に努力したが、持氏と不和となった。永享の乱で持氏が死んだのち伊豆の国清寺で出家、諸国を行脚した。学芸を好み、足利学校を再興。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

上杉憲実 うえすぎ-のりざね
1410-1466 室町時代の武将。
応永17年生まれ。父は越後(えちご)守護上杉房方。山内上杉憲基の養子となり,応永26年関東管領をつぐ。将軍足利義教と鎌倉公方(くぼう)足利持氏との融和をはかる。やがて公方と対立。永享10年幕府連合軍と持氏をほろぼす(永享の)。のち出家し諸国をめぐり,長門(ながと)(山口県)大寧寺で文正(ぶんしょう)元年閏(うるう)2月6日没した。57歳。下野(しもつけ)(栃木県)の足利学校を再興したことで知られる。法号は高巌長棟

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

うえすぎのりざね【上杉憲実】
1411‐66(応永18‐文正1)
室町前期の武将。越後上杉房方の子。山内上杉憲基の養子となる。1419年(応永26)憲基の跡を受けて関東管領となった。上杉禅秀の乱以後,鎌倉公方(くぼう)足利持氏が幕府からの自立と公方権力の専制化をはかったのに対して,憲実は幕府との協調妥協を主張したので,両者の間でしばし対立が生じた。とくに36年(永享8)持氏が信濃の内紛に介入しようとしたことに憲実が反対したこと,また38年持氏が慣例を無視して子義久の元服式を鶴岡八幡宮で強行したことなどで,両者の対立は深まった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

上杉憲実
うえすぎのりざね
(1410―1466)

室町中期の武将。関東管領(かんれい)。越後(えちご)守護上杉房方(ふさかた)の子。山内上杉憲基(やまのうちうえすぎのりもと)の養子となる。1419年(応永26)伊豆、上野(こうずけ)守護に補任(ぶにん)され、関東管領に就任した。4代将軍足利義持(あしかがよしもち)の死(1428)後、次期将軍を期待していた関東公方(くぼう)足利持氏(もちうじ)が、将軍の後継者となった義教(よしのり)を攻めんとしたとき、憲実はこれを諫止(かんし)した。以後幕府に反抗し続ける持氏をつねに諫(いさ)め、やがて持氏と憲実の間は不穏なものとなった。38年(永享10)持氏による憲実討伐の風聞に、憲実は領国上野へ出奔、幕府の命を受けて翌年持氏を自殺させた。やがて出家し(永享(えいきょう)12年3月以前)伊豆国清寺に籠居(ろうきょ)したが、幕命により俗界に復帰し、一時関東の政務をみた。その後鎌倉を去り諸国行脚(あんぎゃ)ののち、長門(ながと)(山口県)大寧寺(たいねいじ)で文正(ぶんしょう)元年閏(うるう)2月に没した。下野(しもつけ)(栃木県)の足利学校を再興している。

[田辺久子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うえすぎ‐のりざね【上杉憲実】
室町中期の武将。房方の子。山内上杉憲基の養子。字は高岩。関東管領として幕府と足利持氏との間の調停に努めたが、持氏が討たれてのち、出家し諸国を行脚した。学芸を好み、足利学校を再興。応永一七~文正元年(一四一〇‐六六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

上杉憲実
うえすぎのりざね
1410〜66
室町中期の武将。関東管領
1438年,鎌倉公方足利持氏と不和になり上野 (こうずけ) (群馬県)に退去。持氏はこれを討とうとしたが,将軍足利義教 (よしのり) が憲実を応援したため,'39年持氏は敗れて自殺した(永享の乱)。'49年出家引退し,晩年は大内氏を頼って周防 (すおう) に住んだ。好学の人で,下野 (しもつけ) (栃木県)の足利学校を再興したことで有名。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上杉憲実」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上杉憲実の関連情報

関連キーワード

姉小路尹綱療養所と元患者ジギスムント専順大洞院ロイカーバートイル・ハーン国港南[区]静岡[市]

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation