@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

上杉景勝【うえすぎかげかつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

上杉景勝
うえすぎかげかつ
[生]弘治1(1555)
[没]元和9(1623).3.2. 米沢
安土桃山,江戸時代初期の大名。初名は顕景,のち喜平次,弾正少弼と称する。父は長尾越前守政景。叔父上杉謙信養子となる。謙信没後の天正6 (1578) 年景虎 (謙信の養子) を打倒して謙信の遺領を継承。同9年以後織田信長の攻撃を受けたが,本能寺の変後は豊臣秀吉に帰小田原征伐朝鮮出兵に従う。文禄3 (94) 年従三位,中納言。大老の列に加わり,慶長3 (98) 年会津 120万石を領する。秀吉死後徳川家康と対立。関ヶ原戦い後家康にくだり,米沢 30万石に封。大坂の陣には徳川方に加わった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うえすぎ‐かげかつ〔うへすぎ‐〕【上杉景勝】
[1556~1623]安土桃山時代武将上杉謙信の養子。豊臣秀吉に仕え、会津若松120万石の領主五大老の一人となった。関ヶ原の戦い徳川家康に敗れ、出羽米沢30万石に移封

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

上杉景勝 うえすぎ-かげかつ
1556*-1623 織豊-江戸時代前期の大名。
弘治(こうじ)元年11月27日生まれ。長尾政景の子。叔父上杉謙信の養子。おなじ養子の上杉景虎と家督をあらそい(御館(おたて)の乱)勝利。豊臣秀吉にしたがい,慶長3年越後(えちご)から陸奥(むつ)会津(あいづ)(福島県)にうつり120万石の領主となる。豊臣五大老のひとり。5年関ケ原の戦いの直前に石田三成と呼応して徳川家康に敵対。翌年出羽(でわ)米沢(山形県)30万石に減封された。元和(げんな)9年3月20日死去。69歳。初名は顕景。通称は喜平次。
【格言など】迂(う)を以て直と為すと云うことあり,危き道に不意の患(うれい)あり

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

うえすぎかげかつ【上杉景勝】
1555‐1623(弘治1‐元和9)
安土桃山・江戸初期の大名。越後魚沼郡上田庄(南魚沼郡六日町)の領主長尾政景の子。1564年(永禄7)父の急死後,叔父上杉謙信の庇護をうけ,のち養子となった。幼名卯松,喜平次顕景,75年(天正3)景勝改名。78年3月養父謙信が急逝すると遺言と称して春日山に拠り,前関東管領上杉憲政の御館(おたて)に拠る景虎(北条氏康の子で謙信の養子)と戦う(御館の乱)。最初は必ずしも有利でなかったが,翌年には景虎を倒し,翌々年には反景勝派を平定した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うえすぎかげかつ【上杉景勝】
1555~1623 安土桃山・江戸初期の武将。長尾政景の次男。上杉謙信の養嗣子。会津中納言。豊臣秀吉の五大老に列し、会津一二〇万石を領したが、関ヶ原の戦いで石田三成と結んで敗れ、米沢三〇万石に減封された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

上杉景勝
うえすぎかげかつ
(1555―1623)
安土(あづち)桃山時代・江戸初期の大名。上杉謙信(けんしん)の養子。初名は卯松(うのまつ)、喜平次(きへいじ)、顕景(あきかげ)。実父は越後(えちご)坂戸(さかど)城(新潟県南魚沼市)の城主長尾政景(ながおまさかげ)で、母は謙信の姉。父の死後謙信に養われ、1575年(天正3)春日山(かすがやま)城の中城(ちゅうじょう)で上杉弾正少弼(だんじょうしょうひつ)景勝となる。78年謙信の死後、もう1人の養子上杉三郎景虎(かげとら)(北条氏康(うじやす)の七男)との御館(おたて)の乱に勝ち、武田勝頼(かつより)の妹菊姫と結婚。82年信濃(しなの)北4郡を領し、86年上洛(じょうらく)して豊臣(とよとみ)秀吉に従い左近衛権少将(さこのえのごんのしょうしょう)となる(のち参議、権中納言(ごんちゅうなごん)、中納言と昇進)。87年越後を統一、89年佐渡、90年出羽(でわ)(山形県)庄内(しょうない)3郡を領し、北信をあわせ90万石余の大領国に直臣直江兼続(なおえかねつぐ)中心の独裁的な支配を確立する。98年(慶長3)会津120万石(越後、北信は没収)に国替(くにがえ)され、豊臣五大老の一員となるが、1600年(慶長5)徳川家康と敵対し、旧領越後に遺民一揆(いっき)を起こしたが敗れ、翌年出羽米沢(よねざわ)領30万石に減封となる。元和(げんな)9年3月20日、69歳で米沢城に没する。法名覚上院殿空山宗心大居士、高野山(こうやさん)清浄心院と米沢法音寺に葬られる。[藤木久志]
『藩政史研究会編『藩制成立史の綜合研究 米沢藩』(1963・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

上杉景勝 (うえすぎかげかつ)
生年月日:1555年11月27日
安土桃山時代;江戸時代前期の大名
1623年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うえすぎ‐かげかつ【上杉景勝】
安土桃山、江戸初期の大名。長尾政景の子。上杉謙信の養子。通称喜平次。越後・佐渡・越中・能登を支配。豊臣秀吉に仕えて五大老の一人となり、会津一二〇万石を領する。関ケ原の戦いで西軍に加わり、米沢三〇万石に移封。大坂の陣では徳川方につく。会津中納言。弘治元~元和九年(一五五五‐一六二三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上杉景勝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上杉景勝の関連情報

関連キーワード

パウルス4世弘治陶晴賢陶晴賢の妻ウィクラム天文葛山城アバ朝マルケルス2世アバ朝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation