@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

上泉信綱

朝日新聞掲載「キーワード」

上泉信綱
1508年に上泉城(現在の前橋市上泉町)で生まれたとされる。戦国武将として西毛地域を治めた長野業正に仕えた後、諸国放浪。その間に、自ら編み出した剣勃新陰流」を足利義輝将軍や柳生宗厳らに伝授したといわれる。没年は1577年や1582年など諸説ある。
(2007-10-13 朝日新聞 朝刊 群馬全県 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

日本大百科全書(ニッポニカ)

上泉信綱
かみいずみのぶつな
(1508―77?)

室町末期の剣術家。近世剣術の一主流である新陰(しんかげ)流の流祖。初め伊勢守秀綱(いせのかみひでつな)、のち武蔵守(むさしのかみ)信綱を称した。上州(群馬県)勢多(せた)郡大胡(おおご)の城主大胡氏の一族で、父秀継(ひでつぐ)は同郡上泉城に拠(よ)り、関東管領(かんれい)上杉憲政(のりまさ)に属していた。信綱は幼少のころから刀槍(とうそう)の術を好み、松本備前守政信(びぜんのかみまさのぶ)(一説に塚原卜伝(ぼくでん))について鹿島新当(かしましんとう)流を、ついで愛洲移香(あいすいこう)の子小七郎宗通(こしちろうむねみち)について陰(かげ)流を、また小笠原宮内大輔氏隆(おがさわらくないたいふうじたか)に軍法軍配の術を学び、これらに創意工夫を加えて新陰流を編み出したといわれる。当時の上州の在地土豪は、上杉氏の威勢の衰えに伴い、北条氏、武田氏、長尾氏の諸勢力に翻弄(ほんろう)されていた。信綱もやむなく北条氏に服属、ついで長尾氏に加勢したが、武田晴信(はるのぶ)の西上州侵攻には、勇剛をうたわれた長野信濃守業政(しなののかみなりまさ)に同心し、よくこれに対抗した。しかし、1561年(永禄4)業政が病死し、信綱はまったく孤立してしまった。ここに至って信綱は兵法者として立つことを決意し、武田方からの随身の勧説を謝絶し、門人縁者を伴い、新陰流の弘布(こうふ)を志し、京都を目ざして廻国(かいこく)修業の旅に出た。63年の春、まず卜伝の一ノ太刀(たち)の伝授者である伊勢の国司北畠具教(きたばたけとものり)を頼り、その紹介で奈良興福寺の宝蔵院胤栄(いんえい)を訪ね、柳生但馬守宗厳(やぎゅうたじまのかみむねよし)、松田織部助信栄(のぶひで)らに教授して自信を深め、ついで京都に入り、翌年6月17日には本覚寺に仮寓(かぐう)中の将軍足利義輝(あしかがよしてる)に謁してその技を披露し、賞詞を賜った。ついで65年から翌年にかけて、柳生宗厳、宝蔵院胤栄、丸目蔵人佐長珍(くらんどのすけながよし)などに各種免状、印可を与えている。やがて69年には権大納言(ごんだいなごん)山科言継(やましなときつぐ)ら公家(くげ)たちと親交を結び、軍法軍配を教授したり、新陰流の演武を御覧に供したりしている。70年(元亀1)従(じゅ)四位下に叙せられた。『言継卿記(ときつぐきょうき)』によれば、翌年7月21日暇乞(いとまご)いに言継を訪問し、下野(しもつけ)国結城(ゆうき)氏宛(あて)の書状を所望して離京した。その後、信州千野(ちの)氏に教授したことまで判明しているが、その後の動静や没地・没年などはさだかではない。前橋市上泉の菩提(ぼだい)寺恵雲山西林寺の過去帳には天正(てんしょう)5年(1577)1月16日を忌日としているが、これも確証はない。

[渡邉一郎]

『下島一著『上毛剣客史』(1958・高城書店)』『前橋市史編纂委員会編『前橋市史 第1巻』(1971・前橋市)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上泉信綱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上泉信綱の関連情報

関連キーワード

足利義澄アルブレヒトウィルヘルムラファエロ島津忠昌八条房繁岡山城尋尊ラファエッロレオナルド・ダ・ビンチ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation