@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

上田盆地【うえだぼんち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

上田盆地
うえだぼんち
長野県中東部千曲川の中流域にある盆地標高 400~600m。千曲川の右岸烏帽子岳火山の山麓と扇状地面で緩傾斜をなし,左岸塩田 (しおだ) 平と呼ばれる台地。典型的な内陸性気候で夏季は暑さがきびしく,降水量は年 1000mm前後と少い。山麓の扇状地面では米作クルミブドウ,リンゴの栽培,左岸では米作が中心で,薬用ニンジンを特産。開発は古く,奈良時代には信濃国府,国分寺がおかれた。国分寺跡は史跡塩田平の周辺山麓部には中世禅寺が多い。中心都市は上田市

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うえだ‐ぼんち〔うへだ‐〕【上田盆地】
長野県中東部、千曲(ちくま)川中流の両岸に広がる盆地。標高400~600メートル、面積約115平方キロメートル。水稲のほか果実・野菜の栽培が発達。中心都市は上田市。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うえだぼんち【上田盆地】
長野県東部にある上田市を中心とした小盆地。盆地は南東から北西に流れる千曲川によって地形的に東西に二分される。東部は狭義の上田盆地で,北辺には太郎山断層崖が走り,また盆地の南寄りを流れる千曲川には3段の段丘が発達している。上段は染ヶ丘段丘と呼ばれ,支流の神川の旧扇状地面の堆積物もあって面積が広く,条里制遺構の水田が分布している。近年その水田の中から,信濃国府跡と思われる遺跡が発掘されたが,確認されていない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

上田盆地
うえだぼんち
長野県中東部、千曲川(ちくまがわ)に沿う上田市街地を中心に、千曲川の両岸にまたがる盆地。従来は小県盆地(ちいさがたぼんち)といわれた。標高は約400~600メートルほどで、千曲川を挟んでこの西側(左岸)は塩田平(しおだだいら)とよばれ、小河川の沖積地からなる低平な地域をなす。東側(右岸)は烏帽子火山(えぼしかざん)(2066メートル)の泥流からなる火山山麓(さんろく)が大部分を占める。後者は北陸新幹線、しなの鉄道、国道18号、上信越自動車道などが通り、18号に沿って工場や飲食店が進出し、都市化が進んでいる。塩田平は幹線交通路より離れているので、水稲と果樹を中心にした純農村地帯である。年平均気温は12℃を超え、信州では温暖な地域の一つである。年降水量は1000ミリメートルに達せず、溜池(ためいけ)が多い。夏は内陸性のためかなり高温になる。歴史上では古代信濃国府(しなのこくふ)が千曲川右岸、上田市街地東郊に置かれ、東山道(とうさんどう)も通り、開発は早かった。[小林寛義]
『清水利雄著『上田盆地歴史年表』(1963・上田市) ▽『郷土の地誌上田盆地』(1968・上田市立博物館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上田盆地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上田盆地の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation