@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

上田秋成【うえだ あきなり】

美術人名辞典

上田秋成
江戸後期国学者読本作家。大坂生。幼名は仙次郎、通称は東作、別号に鶉居・漁焉等。俳諧高井几董に、漢・医学を都賀庭鐘に、国学・和歌を加藤宇万伎に学ぶ。本居宣長とは古代音韻、皇国主義をめぐって論争を行った。代表作に『諸道聴耳世間猿『雨月物語』春雨物語』。文化6年(1809)歿、76才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

うえだ‐あきなり〔うへだ‐〕【上田秋成】
[1734~1809]江戸後期の国学者。浮世草子読本の作者。大坂の人。本名、東作。別号、無腸。著作に読本「雨月物語」「春雨物語」、随筆胆大小心録」、歌文集「藤簍冊子(つづらぶみ)」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

上田秋成 うえだ-あきなり
1734-1809 江戸時代中期-後期の読み本作者,国学者。
享保(きょうほう)19年6月25日生まれ。実父は不明で,4歳のとき大坂の紙油商嶋屋の養子となる。俳諧(はいかい),和歌,国学をまなび,浮世草子を執筆する。明和8年火災で家財をなくし,医をまなんで安永5年大坂で開業。同年「雨月物語」を刊行。また本居宣長(もとおり-のりなが)と国学上の論争をした。晩年は京都にすみ,国学書や「胆大小心録」「春雨物語」などをあらわした。文化6年6月27日死去。76歳。大坂出身。幼名は仙次郎。通称は東作。別号に鶉居,漁焉(ぎょえん)など。
格言など】ああ,天は何が為に我を生みしか(肖像画の箱書)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

うえだあきなり【上田秋成】
1734‐1809(享保19‐文化6)
江戸中期の小説家。また歌人,茶人,国学者,俳人としても著名。本名上田東作,通称嶋屋仙次郎。別号に漁焉(ぎよえん),無腸,三余斎,余斎,鶉翁(じゆんおう),鶉居(うづらい),休西など。戯号に和訳太郎,剪枝(せんし)畸人,洛外半狂人がある。大坂曾根崎で私生児として生まれたが,生母が大和国名柄村庄屋末吉家の縁戚,松尾ヲサキであることは確定した。実父は,まだ確証を得ないが,秋成の出生時すでに死去していた小堀左門政報(まさつぐ)と考えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

上田秋成
うえだあきなり
[生]享保19(1734).6.25. 大坂
[没]文化6(1809).6.27. 京都
江戸時代中期~後期の国学者,浮世草子・読本作者。通称,東作 (藤作) 。俳号,漁焉 (ぎょえん) ,無腸。浮世草子の筆名,和訳 (わやく) 太郎。読本などの筆名,剪枝畸人 (せんしきじん) 。そのほか余斎,三余斎,鶉居,鶉廼家など。実父母については諸説があるが,未詳で,4歳で堂島の紙・油商上田茂助の養子となり,5歳のとき痘瘡をわずらい,指が不自由になった。剪枝畸人の名はこれに由来する。初め俳諧を学び,30歳前後から和歌,国学に志し,加藤宇万伎 (うまき) の門に入った。一方では浮世草子『諸道聴耳世間猿 (しょどうききみみせけんざる) 』 (1766) ,『世間妾形気 (てかけかたぎ) 』 (67) を発表。明和5 (68) 年読本『雨月物語』を著わし,安永5 (76) 年刊行。安永1 (72) 年に生活のため医者となり,そのかたわら国学にうちこみ,本居宣長との論争を展開。晩年は不幸が続き,著作を井戸に投込むこともあった。その他の著書に『癇癖談 (くせものがたり) 』 (91成立,1808刊) ,『金砂』 (04) ,『藤簍冊子 (つづらぶみ) 』『春雨物語』『胆大小心録』などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

上田秋成
うえだあきなり
(1734―1809)

江戸中期の国学者、歌人、小説家。本名東作。秋成はその字(あざな)。手の障害にちなんだ無腸(むちょう)(蟹(かに)の意)や余斎の別号で知られた。大阪・曽根崎(そねざき)で出生。実母は大和(やまと)国樋野(ひの)村(奈良県御所(ごせ)市)の旧家松尾家の娘ヲサキ。実父については、小堀遠州直系の旗本小堀政報(こぼりまさつぐ)であったらしいとの説がある。4歳のとき実母の手を離れ、大阪・堂島永来(えら)町の紙油商嶋屋(しまや)上田茂助に養われた。生来虚弱でときどき驚癇(きょうかん)(ひきつけ)を発したというが、武士の出の実直な養父と、養母の没後(5歳)迎えられた第二の義母の慈愛のもとで愛育された。5歳のとき悪性の痘瘡(とうそう)にかかり九死に一生を得たものの、右の中指と左の第2指が短折する不幸を刻印された。このとき加島稲荷(かしまいなり)(香具波志(かぐはし)神社)の加護があったといわれ、生涯神恩を感謝している。青年時は遊蕩(ゆうとう)もあったなかで町人学校懐徳堂に通学、学問の素地を与えられたらしい。また20歳前後から俳諧(はいかい)に親しみ、高井几圭(たかいきけい)(1687―1761)について指導を受けるとともに、漁焉(ぞえん)の号で活躍。このころ下冷泉(しもれいぜい)家(藤原為栄(ふじわらためよし))について和歌の添削を受け、国語学者富士谷成章(ふじたになりあきら)と交友を結び、また唐音学者勝部青魚(かつべせいぎょ)(1712―1788)からは中国小説に対する眼(め)を開かれた。27歳の年、植山たまと結婚、1761年養父を失ったのちは、遊びが高じて浮世草子に筆を染め、33歳の年、八文字屋(はちもんじや)風の風俗小説『諸道聴耳世間猿(しょどうききみみせけんざる)』を和訳太郎の名で刊行、1767年には『世間妾形気(てかけかたぎ)』を出版、気質物(かたぎもの)末期の佳作と評される。すでに小島重家に勧められて契沖(けいちゅう)の書に接していた秋成は、33、34歳のころ賀茂真淵(かもまぶち)の高弟加藤宇万伎(かとううまき)に師事、新国学がもつ主題性に眼を開かれるなど決定的な影響を受け、宇万伎没後は独学で学問に務めた。

 38歳の年、大火にあって破産、医者としてたつことを決意。儒医都賀庭鐘(つがていしょう)の門に入って手ほどきを受けたのち、加島村(大阪市淀川(よどがわ)区)に仮寓(かぐう)、修業に励むかたわら、古典の研究に打ち込み、この時期に和学研究の基礎がつくられた。1776年(安永5)、大坂へ出て医業を開業するとともに、怪異小説の傑作『雨月(うげつ)物語』を剪枝崎人(せんしきじん)の名で刊行。1778年には、寓言論として知られる独自な『源氏物語』の評論『ぬば玉の巻』を書いた。この時期、国学に親しむとともに一家の見識を培い、50歳を過ぎたころ、本居宣長(もとおりのりなが)との間に、古代の音韻および日の神(天照大神(あまてらすおおみかみ))の解釈をめぐって論争があった(のちに『呵刈葭(あしかりよし)』として編集)。宣長の古道論に対する秋成の批判は、宣長の「信」を衝(つ)いたものとして評価される。54歳の年、病のため、大坂の北、淡路庄(あわじのじょう)村(東淀川区)に退隠、以後定業につかず、文筆に従い学問に遊ぶ文人としての生き方に徹することになった。家業にいそしむ一民としての生き方を信条としながら芸文の遊びに走る自己を、秋成は狂蕩(きょうとう)の語でよんでいる。

 60歳、わずかの蓄えをもって京都へ移ったあと、たびたび居を移しながら、村瀬栲亭(むらせこうてい)、小沢蘆庵(おざわろあん)、伴蒿蹊(ばんこうけい)らと交流、64歳の年、妻瑚璉尼(これんに)(たま、58歳)を失って孤独の身となった。57歳で左眼の明(めい)を失い、さらに右眼も失明したが、谷川良順の治療を得て左明を回復。この時期、大いに学問の研鑽(けんさん)に努め、『霊語通』『冠辞続貂(かむりごとつぎお)』『楢の杣(ならのそま)』『金砂(こがねいさご)』『よしやあしや』『安々言(やすみごと)』『遠駝延五登(おだえごと)』など、国語学、古典の注釈、史論にわたる書を著し、『落久保(おちくぼ)物語』や『大和(やまと)物語』を校刊した。最晩年の生活は悲惨で、厚情を寄せた知友の間を転々、随筆『胆大小心録(たんだいしょうしんろく)』に赤裸な自我を示すとともに、生涯のすべてを創作集『春雨(はるさめ)物語』に結実させ、文化(ぶんか)6年6月27日、京都の羽倉信美(はくらのぶよし)(1750―1828)邸で76年の生涯を閉じた。墓は南禅寺山内西福寺の内庭に現存する。

 煎茶(せんちゃ)を好んで『清風瑣言(せいふうさげん)』の著があり、歌は万葉に関心を示したが、こだわらない自由な作風をみせ、歌文集『藤簍冊子(つづらぶみ)』や『毎月集』に収められている。ほかに戯文の風刺小説『書初機嫌海(かきぞめきげんかい)』『癇癖談(くせものがたり)』、書簡文集『文反古(ふみほうぐ)』、随筆『茶瘕酔言(ちゃかすいげん)』、切れ字を論じた『也哉抄(やかなしょう)』、句集『俳調義論』などがある。秋成は、国学者としてよりは、井原西鶴(いはらさいかく)、曲亭馬琴(きょくていばきん)と並んで近世を代表する小説家として評価され、とくに『雨月物語』は、日本の小説史上、初めて短編の様式を完成させた作品として高く評価されている(石川淳(いしかわじゅん))。佐藤春夫、三島由紀夫など、影響を受けた近代の作家も少なくない。

[中村博保 2016年4月18日]

『『上田秋成全集』2冊(1917、1918/復刊・1974・国書刊行会)』『藤井紫影編『秋成遺文』(1919・修文館/復刊・1974・国書刊行会)』『中村幸彦校注『日本古典文学大系56 上田秋成集』(1959・岩波書店)』『高田衛著『上田秋成年譜考説』(1964・明善堂)』『浅野三平著『秋成全歌集とその研究』(1969・桜楓社/増訂版・2007・おうふう)』『高田衛著『鑑賞日本の古典18 秋成集』(1981・尚学図書)』『中村博保著『上田秋成の研究』(1999・ぺりかん社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

上田秋成 (うえだあきなり)
生年月日:1734年6月25日
江戸時代中期;後期の歌人;国学者;読本作者
1809年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うえだ‐あきなり【上田秋成】
江戸中期の国学者、歌人、読本作者。通称東作(藤作)。号は漁焉、和訳太郎、剪枝畸人、無腸、休西、鶉兮、鶉翁など。大坂の人。紙油商上田茂助の養子。初めは浮世草子作家として「諸道聴耳世間猿」「世間妾形気」に鋭く滑稽な諷刺を示し、読本作家としては中国白話小説に材と方法を取り、「雨月物語」「ますらを物語」「春雨物語」に彫琢された説話と性格造形を示し、最高峰の位置を占める。また、直観的な観点により、本居宣長と国学上の論争を行なった。他に、「癇癖談(くせものがたり)」「胆大小心録」「藤簍冊子(つづらぶみ)」「清風瑣言」など。享保一九~文化六年(一七三四‐一八〇九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

上田秋成
うえだあきなり
1734〜1809
江戸後期の国学者,歌人,浮世草子・読本 (よみほん) 作者
通称東作。筆名に和訳太郎・剪枝畸人 (せんしきじん) ・無腸など多数。大坂の人。国学史上では,本居宣長との論争が著名。主著に読本『雨月物語』『春雨物語』,随筆『胆大小心録』など。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上田秋成」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上田秋成の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation