@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

上腹部不定愁訴(NUD)【じょうふくぶふていしゅうそえぬゆーでぃー】

家庭医学館

じょうふくぶふていしゅうそえぬゆーでぃー【上腹部不定愁訴(NUD)】
 近年、上腹部不定愁訴の原因・要因として、消化管運動機能障害が注目され、NUD(Non-Ulcer Dyspepsia)という疾患名で診断されることも多くなってきました。
 NUDとは、胃潰瘍(いかいよう)や十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)などの器質的病変がないにもかかわらず、慢性的に上腹部に不定愁訴を有する胃弱(いじゃく)(Dyspepsia)の総称として、あくまで症候論的な見地から名づけられた疾患名です。
 NUDは、①胸やけや胸痛(きょうつう)を主訴とする胃食道逆流型(いしょくどうぎゃくりゅうがた)、②膨満感(ぼうまんかん)や悪心(おしん)・嘔吐(おうと)のみられる運動不全型、③夜間や空腹時に腹痛をおこす潰瘍症状型(かいようしょうじょうがた)、④うつ病などの精神症状が前面にみられる非特異型(ひとくいがた)の4つに大別されます。
●検査と診断
 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胆石症(たんせきしょう)、急性(きゅうせい)・慢性膵炎(まんせいすいえん)などの疾患が原因であれば、各々の診断名となり、NUDという病名は除外されます。
●治療
 胃食道逆流型や潰瘍症状型にはプロトンポンプ阻害薬やH2受容体拮抗薬(じゅようたいきっこうやく)を、運動不全型には消化管運動機能改善薬が用いられます。非特異型には抗うつ薬などが使用されますが、内科と精神科との併診も必要となります。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

上腹部不定愁訴(NUD)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上腹部不定愁訴(NUD)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation