@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

上臈【じょうろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

上臈
じょうろう
年功を積んだ位階の高い人をいい,下臈に対する。また上臈女房で,御匣殿 (みくしげどの) ,尚侍 (ないしのかみ) ,二位,三位の典侍 (すけ) ,禁色 (きんじき) を許された大臣の娘または孫娘をいう。また,明治2 (1869) ~4年におかれた宮中女官。女房の次に位置した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょう‐ろう ジャウラフ【上臈・上郎ラウ
[1] (「臈」は、もと僧侶の夏安居(げあんご)修行の回数を数える語)
① 修行の年数を多く積んだ僧。年功を積んだ高僧。⇔下臈
※栄花(1028‐92頃)音楽「この僧たち、さるべき上らう僧綱などのは、やがて御弟子どもとり続いていとめやすし」
② 上位に着座すべき官位の高い人。身分の高貴な人。上流の人。上席。⇔下臈
※九暦‐九条殿記・荷前・承平八年(938)一二月二四日「有荷前事、遭故勤子内親王喪之後未随例、加以上臈公卿依数参仕、無闕怠云々」
※源氏(1001‐14頃)蜻蛉「今は、なかなか上らうになりにて侍り、まして御いとまなき御有様にて」
※宇津保(970‐999頃)国譲下「あるなかの上らうなれど、おほやけに世をしづめ久しう仕うまつりたる人の女なり」
④ 一般に、格式の高い家の女性。貴婦人。
※源氏(1001‐14頃)帚木「心ちにはさしも思はざらめど、おのづからこはごはしき声に読みなされなどしつつことさらびたり。上らうの中にも多かる事ぞかし」
⑤ 江戸時代、幕府大奥の職名の一つ。御殿女中の上級者で、堂上家の女が多くこれに当たった。
⑥ 女性、特に若い女性を敬っていう。
※御伽草子・高野物語(室町末)「その上らうの御ゆくゑ、このそうよくしりたり」
⑦ 遊女。女郎。
※謡曲・班女(1435頃)「われあまた上臈を持ちて候ふ中に花子と申し候ふ人は」
⑧ 明治二年(一八六九)一〇月一二日に置かれた宮中の女官。女房の次の位であったが、同四年七月二四日廃止された。
[2] 〘接尾〙 (上郎) 女性の名前の下に付けて、その人に対する軽い敬意や親愛の情を表わす語。
※浄瑠璃・潤色江戸紫(1744)二「お七上郎の手前も有る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょうろう‐ジャウラフ‥【上臈】
〘形シク〙 上臈のようである。気品があって、いかにも上臈の地位や身分にふさわしい。
※宇津保(970‐999頃)楼上下「大殿はいかめしう上らうしう造りたることこそあれ、見所えかうはあべきならず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上臈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上臈の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation