@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

上道【じょうとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

上道
じょうとう
岡山市東部の一地区。旧町名。 1971年岡山市に編入児島湾に注ぐ砂川沖積平野に発展し,には宇喜多氏亀山城跡がある。ブドウ,モモ,ナシを産し,特にブドウ栽培は県下で最も古い歴史をもつ地区の1つ。 JR山陽本線上道駅がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かみ‐つ‐みち【上道】
[一] 古代の官道の一つ。藤原京を出て奈良盆地を北上する上、中、下の三道のうち、東側の山沿いを通るもの。このさらに東側に山辺道(やまのべのみち)の古道があった。山田道。長谷道。
[二] 備前国(岡山県)の上道(じょうとう)郡の古称。古代の上道国造、吉備の上道(かみつみち)氏の本拠地。現在の岡山市の東部に当たる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう‐どう ジャウダウ【上道】
〘名〙 旅行に出発すること。旅すること。
※律(718)名例「謂。従上道日。惣計行程。有違者」
※金刀比羅本保元(1220頃か)上「上道には供奉の人々所々にしたがい」 〔李密‐陳情表〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上道の関連情報

関連キーワード

マズローベトナム戦争史(年表)阿賀野川水銀中毒事件周恩来寺村輝夫ビーティー平岩弓枝ファスビンダー東松照明立木義浩

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation