@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

上野国【こうずけのくに】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

上野国
こうずけのくに
現在の群馬県東山道の一国。もと下野国とともに毛野国と称したが,のち上下に分かれ,上毛野 (かみつけぬ。上毛とも略する) となり,さらに「こうずけ」となった。古墳群の多いことから,大きな政治勢力のあったことが知られ,また上野三碑などから,高度な文化をもっていたことがわかる。朝廷も東国経営の要地として重視し,平安時代には親王任国であった。国府は前橋市元総社町,国分寺は高崎市東国分である。『延喜式』には碓氷郡,片岡郡,甘楽郡,多胡郡,緑野郡,那波郡,群馬郡,吾妻郡,利根郡,勢多郡,佐位郡,新田郡,山田郡,邑楽郡の 14郡とあり,『和名抄』には郷 102,田3万 937町とある。平安時代後期,源義家の子孫が新田荘にあって勢力を伸ばし,新田氏を称して鎌倉時代にも栄え,南北朝時代には新田義貞が出て活躍した。室町時代には上杉氏が守護となり,戦国時代には長尾氏,後北条氏 (→北条氏 ) ,武田氏がその支配をめぐって争った。江戸時代には館林に秋元氏6万石,伊勢崎に酒井氏 2万石,高崎に松平氏7万 2000石,安中に板倉氏3万石,小幡に松平氏 2万石,沼田に土岐氏 3万 5000石,吉井に松平 (吉井) 氏1万石 (→吉井藩 ) などがあり,大藩はなかった。徳川氏は新田氏の子孫を称したため天領も多く,幕府の厚い保護を受けた寺院もあった。明治4 (1871) 年の廃藩置県により7月に藩は県となったが,10月には群馬県に統一された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典

こうずけのくに【上野国】
現在の群馬県のほぼ全域を占めた旧国名。律令(りつりょう)制下で東山道に属す。「延喜式」(三代格式)での格は大国(たいこく)で、京からは遠国(おんごく)とされた。国府は現在の前橋市元総社(もとそうじゃ)町、国分寺は高崎市と前橋市の境におかれていた。当地の岩宿遺跡(いわじゅくいせき)で、日本初の旧石器時代遺跡が発見された。1108年(天仁(てんにん)1)の浅間山(あさまやま)の噴火による火山灰で田畑が荒廃したが、再開発され新田荘(にったのしょう)など多くの荘園(しょうえん)が成立した。鎌倉時代末期には新田義貞(よしさだ)の地盤となった。南北朝時代以後は上杉氏守護となったが、戦国時代には上杉氏、武田(たけだ)氏、後北条(ごほうじょう)氏らの争いの地となった。江戸時代は幕府直轄領、譜代領、旗本領などが入り交じり、末期には9藩が分立していた。1871年(明治4)の廃藩置県により群馬県と栃木県となり、1873年(明治6)に群馬県は入間(いるま)県と合併し熊谷(くまがや)県となった。ついで、1876年(明治9)に栃木県より旧上野地域を編入、入間県の旧地を埼玉県移管、県名を群馬県に戻した。◇上州(じょうしゅう)ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうずけのくに【上野国】
旧国名。上州。現在の群馬県のほぼ全域
古代
 東山道に属する大国(《延喜式》)。かつて関東平野北西部は毛野(けぬ)と呼ばれていたが,古代国家の形成される中で渡良瀬川に上・下に分けられて西部が上毛野(かみつけぬ)と称されるようになり,律令制施行に伴い上野国と表記されるようになった。官道の東山道は信濃国から碓氷坂を下って関東平野に入り,当国から東進して下野国を経て陸奥国に至る。つまり畿内蝦夷の地域を結ぶ要路の関東平野への出入口を扼(やく)する位置にあった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

上野国
こうずけのくに

群馬県域の古代国名。俗称は上州(じょうしゅう)、上毛(じょうもう)。北関東一帯は古く「け」または「けぬ」とよばれていたが、5世紀ごろ「かみつけぬ」(上毛野)、「しもつけぬ」(下毛野)に分かれたという。大化改新の国司制のあと、国名は2字に統一されて「上野」と書き、音便で「こうづ(ず)け」となった。国内には旧石器文化発見の端緒となった岩宿(いわじゅく)遺跡のほか、縄文、弥生(やよい)文化にも特色がみられるが、古墳は約1万基の存在が推定され、その規模、副葬品などから古代東国文化の中枢であったことが知られる。上毛野(かみつけぬ)氏の一族が栄え、律令(りつりょう)制下には碓氷(うすい)、吾妻(あがつま)、利根(とね)、勢多(せた)、群馬(くるま)、片岡、多胡(たご)、緑野(みどの)、甘楽(かんら)、山田、那波(なは)、佐位(さい)、新田(にゅうた)、邑楽(おはらき)の14郡を管する上国(のち親王任国、大国)で、東山道に属し、官牧9を数え、蝦夷(えぞ)政策の前進拠点であった。国府は前橋市元総社町付近と推定され、近くに国分寺跡、総社神社がある。式内一宮(いちのみや)は貫前(ぬきさき)神社、建郡記念の多胡碑(たごひ)など上野三碑が有名。10世紀前後からは律令(りつりょう)制の緩みに乗じて各地に武装集団が興り、下総(しもうさ)の平将門(まさかど)は上野国府に入って新皇と称した。これを鎮定した藤原秀郷(ひでさと)や奥州平定に功をあげた源頼義(よりよし)・義家(よしいえ)父子以来、上野国は関東武士の拠点となり、とくに義家の孫義重(よししげ)は新田荘(にったのしょう)を開いて新田氏を称し、その一族はもっとも有力であった。本統から出た義貞(よしさだ)は建武新政に活躍したが、その後一族は分裂し、岩松(いわまつ)氏だけが金山(かなやま)城(太田市)によって伝領した。室町時代の上野は関東管領(かんれい)上杉(うえすぎ)氏の守護国で、白井(しろい)城(渋川市)の長尾(ながお)氏が守護代であったが、観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)に次いで、15世紀以降は永享(えいきょう)の乱、上杉禅秀(ぜんしゅう)の乱など足利一族の抗争や上杉氏、長尾氏の対立、離反が相次ぎ、関東動乱の渦中に入った。こうして16世紀なかば上杉憲政(のりまさ)が越後(えちご)(新潟県)に追われたあと、上野国は北条、武田、上杉3氏の攻防の焦点となったが、一時織田の部将滝川一益(たきがわかずます)の厩橋(うまやばし)(前橋)入城を経て、北条氏にほぼ制圧された。しかし北条氏も沼田真田(さなだ)氏との領域協定を破ったため、1590年(天正18)豊臣(とよとみ)秀吉に攻められて滅び、ようやく関東の動乱が終わった。

 近世に入ると上野国は江戸城北辺の守りとして、井伊(いい)(高崎)、榊原(さかきばら)(館林)、酒井(前橋)など譜代(ふだい)の重臣が配備された。徳川家康が新田一族(徳川氏)の後裔(こうえい)と称したことから、太田に大光院(義重の菩提(ぼだい)寺)を開き、世良田(せらた)(新田郡尾島町)の長楽寺(開山栄西(えいさい))を復興した。藩はその後変転して幕末には前橋(17万石)、高崎(8万2000石)など9藩となったが、大半は譜代小藩で、それに天領、旗本領が交錯していた。元禄(げんろく)期(1688~1704)の総石高は約60万石。生業は畑作が主で、とくに養蚕業は古い伝統をもち、桐生(きりゅう)のほか伊勢崎(いせさき)、藤岡の絹織物が有名であった。安政(あんせい)の開港(1854)後は輸出生糸が空前の活況を呈した。そのほか煙草(たばこ)、麻、硫黄(いおう)、砥石(といし)などが特産であった。江戸を控えて国内には中山道(なかせんどう)、三国(みくに)街道などのほか脇(わき)往還も多く、利根(とね)川も廻米(かいまい)、商荷の輸送動脈であった。大被害を受けた天明(てんめい)の浅間焼け(1783)前後から農村の疲弊が進み、絹運上反対騒動や世直し一揆(いっき)が各地に起こった。幕末には各藩とも借財を抱え、幕府への去就に苦しんだが、1867年(慶応3)東山道総督の東下に服し、戊辰(ぼしん)の年には小栗忠順(おぐりただまさ)の処刑、三国、戸倉での対会津戦などの悲劇があった。大政奉還後、9藩のほか、旧幕府領をあわせて岩鼻県が置かれたが、1871年(明治4)廃藩置県で第一次群馬県(東毛三郡を除く)が誕生、ついで1873年熊谷(くまがや)県となり、さらに1876年旧上野国を県域として現群馬県が成立した。県庁は当初高崎、のち前橋となった。

[山田武麿]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうずけ‐の‐くに〔かうづけ‐〕【上野国】
上野

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上野国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上野国の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation