@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

上野焼【あがのやき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

上野焼
あがのやき
福岡県福智町上野で産する陶器慶長 10 (1605) 年頃,帰化朝鮮陶工尊楷 (日本名,上野喜蔵) が創始したと伝えられる。江戸時代,遠州七窯 (→小堀遠州 ) の一つに数えられた。初期の作品は土灰釉 (どばいゆう) ,藁灰釉 (わらばいゆう) ,鉄釉などを使っており,唐津焼と区別しがたい。尊楷以降は系統が3家に分かれ,のちに白地に銅緑釉や三彩をかけたものが主流となり,上野焼の特色となって今日にいたった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あがの‐やき【上野焼】
豊前(ぶぜん)福岡県)上野産の陶器。遠州七窯(えんしゅうなながま)の一。文禄の役慶長の役のときに渡来した朝鮮の陶工尊楷(そんかい)(日本名、上野喜蔵)の創始。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あがのやき【上野焼】
福岡県田川郡赤池町上野に築かれた陶窯。唐津焼と同じく朝鮮半島から渡来した陶工尊楷(日本名上野喜蔵)が,領主細川忠興の命をうけて1601年(慶長6)同地にを築いたとされる。22年(元和8)の《田川郡家人畜御改帳》には,上野村焼物山のに焼物師8名の存在がしるされている。桃山から江戸時代にかかる初期の窯は,上野にある釜ノ口窯,上野山本窯,方城町の岩谷高麗窯が知られている。32年(寛永9),2代藩主細川忠利が熊本に移封されるにあたって,尊楷の直系は同行して同地に八代窯をおこした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

上野焼
あがのやき

豊前(ぶぜん)国上野(福岡県福智(ふくち)町上野)で焼かれた焼物。開窯は、細川家が豊前小倉(こくら)に封ぜられた1602年(慶長7)以後で、朝鮮半島から渡来した尊楷(そんかい)によるといわれ、豊前小倉藩の御用窯(ごようがま)となる。本格的な窯業は慶長(けいちょう)年間(1596~1615)中期以後、上野喜蔵(あがのきぞう)による釜(かま)ノ口窯(福智町上野字堀田)から始まる。このほかに皿山(さらやま)窯(本窯)、岩谷窯(唐人窯)が開かれ、この三窯を上野古窯とよび、遠州七窯(えんしゅうなながま)の一つとされている。初期の作風は高取(たかとり)焼に類似し、灰釉(かいゆう)、長石釉、黒釉を用いて日常の器皿と茶具を焼いた。なお皿山窯は、細川家が熊本へ転封になったのち、藩主小笠原(おがさわら)家の御用窯となり、上野喜蔵は細川家とともに熊本へ移り八代(やつしろ)焼を始めたと伝えられる。

[矢部良明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

上野焼[陶磁]
あがのやき
九州・沖縄地方、福岡県の地域ブランド。
福岡県田川郡福智町上野及びその周辺の地域において採掘された陶土を主原料として同地域で製造された陶器製の徳利茶碗・湯飲み・食器・茶道用の急須・茶道用の皿・茶道用の茶入・茶器香炉・鑑賞用の湯飲み・置物風鈴。1602(慶長7)年、利休七哲の一人である初代小倉藩主・細川忠興が、朝鮮の陶工・尊楷を招いて上野の地に登り窯を築いたのが始まり。のちに徳川家の茶道指南役・小堀遠州が茶器をつくるために全国七ヶ所の窯元を選定した際、遠州七窯の一つとなる。茶陶として発展した上野焼は、軽く薄い。灰釉・銅釉・鉄釉を駆使した色彩美が特徴。1983(昭和58)年4月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。2007(平成19)年4月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5039644号。地域団体商標の権利者は、上野焼協同組合。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あがの‐やき【上野焼】
〘名〙 豊前国上野(あがの)(福岡県田川郡赤池町)で作られた陶器。慶長五年(一六〇〇)、細川三斎に従って渡来した朝鮮人、尊楷(日本名、上野喜蔵)が創始。主に茶器、皿など。遠州好み七窯の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

上野焼
あがのやき
福岡県田川郡赤池町上野で産する陶器
17世紀初め小倉藩主となった細川忠興のもとで,朝鮮から渡来した陶工の尊階(和名,上野喜蔵)が創始。小堀遠州好みの茶碗もつくり,遠州七窯の一つに数えられる。1632年,尊階は細川氏の熊本移封に従い八代 (やつしろ) に移り,八代焼となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上野焼
うえのやき

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上野焼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

上野焼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation