@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

下り【クダリ】

デジタル大辞泉

くだり【下り/降り】
上から下へ、高いところから低いところへ移動すること。また、その道や流れ。「急な―が続く」「川―」⇔上(のぼ)り
鉄道の路線や道路で、各線区ごとの起点から終点への方向。また、その方向に走る列車・バス。⇔上(のぼ)り
都から地方へ行くこと。「東(あずま)―」「海道―」⇔上(のぼ)り
(土地の名に付けて接尾語的に用いて)遠く隔った場所の意を表す。くんだり。
「わざわざ鎌倉―まで出掛けて」〈漱石・彼岸過迄〉
時間が移ってある刻限の終わり近くになること。また、その時。
「申(さる)の―になり候ひにたり」〈宇治拾遺・一一〉
《北に内裏があったところから》京都内で北から南に行くこと。⇔上(のぼ)り
「大宮を―に二条を東へざざめいて引きければ」〈平治・中〉
電気通信網における、中心から末端に向かう方向。無線・有線通信の基地局から端末、インターネット上でのプロバイダーから利用者のパソコン、通信衛星から通信機など、各通信網の末端方向を下りと見なす。下り方向の回線または通信経路をダウンリンクという。⇔上り
[下接語]東(あずま)下り天(あま)下り御(お)下りオランダ下り海道下り川下り京下り上り下り腹下り

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くんだり【下り】
[接尾]《「くだ(下)り」の撥音添加》地名などに付いて、中心地からみて遠く隔たった意を表す。「こんな田舎下りまで来てしまった」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

くだり【下り】
インターネットの通信速度をいうときに、自分の端末インターネット上のサイトからデータを受信する方向をいう。◇ダウンロードの方向。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くだり【下り】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

下り」の用語解説はコトバンクが提供しています。

下りの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation