@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

下・降【おりる】

精選版 日本国語大辞典

お・りる【下・降】
〘自ラ上一〙 お・る 〘自ラ上二〙
[一] そうしようとする意志が働いて、上から下へ人や物の位置が変わる。また、ある位置から退く。
① 高い所から低い所へ移り動く。くだる。さがる。⇔のぼる
※万葉(8C後)六・一〇二八「ますらをの高円(たかまと)山にせめたれば里に下(おり)(け)るむざさびそこれ」
※徒然草(1331頃)一〇九「かばかりになりては、飛びおるともおりなん」
② そうなるきまりのものや仕掛けのもの(幕や錠など)が上から下へ動かされる。
※枕(10C終)一三九「つれづれなるもの〈略〉馬おりぬ双六(すごろく)
③ (馬、車、船など)乗っていた乗物から離れる。⇔乗る
※竹取(9C末‐10C初)「船よりおりて」
④ 貴人の前から退く。退出する。さがる。⇔あがる
※伊勢物語(10C前)六五「曹司(ざうし)におり給へれば」
⑤ 天皇が位を退く。また、(一般に)ある職をやめる。
※落窪(10C後)三「俄(にはか)にみかど御ここちなやみ重くて、おり給ひて、東宮位につかせ給ひぬ」
⑥ こすって物を細かく砕く作用をもつ。磨(す)れる。
※日葡辞書(1603‐04)「チャガ ヨウ voruru(ヲルル)〈訳〉茶臼(ちゃうす)が良いので挽(ひ)いた茶が石臼から下へよく落ちる」
⑦ 上から下への移動と見なし得るそれぞれの動作をいう。
(イ) 卒業したりして学校を離れる。さがる。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉春「小学校降りてから、漢字を別に遣ってそれから絵も少し習った」
(ロ) 仕事や催し、勝負事などに参加する権利をすてる。
※普賢(1936)〈石川淳〉三「『彦さん、少し降りてるといいや』残った二人で勝負をつづけてゐる傍で」
(ハ) 官公庁や目上の人などから、金品や指示が与えられる。「恩給がおりる」
※闘牛(1949)〈井上靖〉「簡単に許可が降りるかどうか確定的なことは請合へないと」
[二] 自然の力に従って、上から下へ位置を変える。
① (露、霜が)地上に生じる。おく。また、霧が生じる。
※俳諧・冬の日(1685)「霧下りて本郷の鐘七つきく〈杜国〉 ふゆまつ納豆たたくなるべし〈野水〉」
② からだの中から下へ出る。
※浮世草子・西鶴織留(1694)四「十六に成(なる)むすめ、四年此かた大べんおりずして」
[補注]高い所から低い所への位置の移動を基本的に表わし、「あがる」の対義語と見なされるが、「坂ののぼりおり」「車ののりおり」というように、「のぼる」「のる」と対をなすこともある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くだ・す【下・降】
〘他サ五(四)〙
① 天、空などから下の方へ移す。雨などを降らす。
※書紀(720)神代上(水戸本訓)「素戔嗚尊は是性(ひととなり)残害(そこなひやぶる)ことを好む。故、下(クタシ)て根国を治(しらせ)む」
※拾遺(1005‐07頃か)雑秋・一一三八「そま山にたつけぶりこそ神無月時雨をくだす雲となりけれ〈大中臣能宣〉」
② 川の上流から下流へ流す。
※拾遺(1005‐07頃か)恋一・六三九「大井河くだす筏のみなれ棹みなれぬ人もこひしかりけり〈よみ人しらず〉」
③ (紙などに)筆をおろす。また、碁、将棋などで、盤上に駒や石を打つ。
※源氏(1001‐14頃)梅枝「かかる御中におもなくくだす筆のほど、さりともなん思う給ふる」
※行人(1912‐13)〈夏目漱石〉塵労「ヘボ碁ですから、石を下(クダ)すのも早いし」
④ 刃物をあてる。
※九冊本宝物集(1179頃)九「誠に木をきらんには、しきりにをのをくだせば、とくきれ侍るべし」
⑤ 人を都から地方へ行かせる。物を都から地方へ送る。
※落窪(10C後)四「あの殿のゆるしなくは、親子の面(おもて)も見でくだしてんずるか」
※平家(13C前)一二「聖(ひじり)力及ばで関東へ下し奉る」
⑥ 上位の人から下位の人へ与える。下賜する。
※平家(13C前)一二「平家にむすぼほれたりし人々も、源氏の世の強りし後は、或は文(ふみ)をくだし、或は使者をつかはし、さまざまにへつらひ給ひしか共」
⑦ 命令、判決などを言い渡す。
※観智院本三宝絵(984)中「御門悦給て、雨のしたにみことのりをくたして」
※火の柱(1904)〈木下尚江〉一八「審判なしに宣告を下だすことは如何なる野蛮の法律も許るさぬ」
⑧ 程度、価値、音調、地位などを低くする。さげる。
※源氏(1001‐14頃)若菜上「琴の緒もいとゆるに張りて、いたうくだして調べ」
※天草本伊曾保(1593)椶梠と竹の事「ココロザシヲ cudasazu(クダサズ)
⑨ 戦争、スポーツ、勝負事などで相手を負かす。降参させる。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)五「もろもろのくにを降伏(カウフク)(〈注〉クタシフセン)せんとおもはんに」
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉七「秀吉は〈略〉島津義久等を降して、遂に天下を一統せり」
⑩ 物事に対して自分ではっきりした判断をつける。また、それによって事を行なう。「手をくだす」
※史記抄(1477)三「旧史を補て新意を下て注したほどに」
※小説平家(1965‐67)〈花田清輝〉四「にわかにわたしとしては断定をくだしがたい」
⑪ 下痢する。
※仮名草子・竹斎(1621‐23)下「折節、腹中(ふくちう)をわづらひ、膿血(うみち)をくだしければ」
※行人(1912‐13)〈夏目漱石〉友達「平生から胃腸の能くない男で〈略〉稍(やや)ともすると吐いたり下(クダ)したりした」
⑫ (動詞の連用形につけて補助的に用い) 上の動詞の表わす動作をすらすらと進行させる。「読みくだす」「書きくだす」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くだ・る【下・降】
〘自ラ五(四)〙 基本的には、物や道、川などに沿って人や物がおりることをいう。
① 高い所から低い所へ移り動く。雨などが降ることや、涙が落ちることについてもいう。
※蜻蛉(974頃)下「雨、昨日のゆふべよりくだり」
※俳諧・曠野(1689)員外「猿を聞て実に下る三声のなみだといへるも」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉六「くるまやに代をつかはし車をくだりて」
② 川の上流から下流へ移動する。
※万葉(8C後)二〇・四三六〇「朝なぎに 梶引きのぼり 夕潮に 棹さし久太理(クダリ)
※古今(905‐914)東歌・一〇九二「もがみ川のぼればくだるいなふねのいなにはあらずこの月ばかり〈みちのくうた〉」
③ 神仏などが地上におりてくる。
※観智院本三宝絵(984)下「不軽菩薩はくたれるかたちなり」
④ 都から地方へ行く。
※万葉(8C後)一九・四二四五「あをによし 奈良の都ゆ おし照る 難波に久太里(クダリ)
※土左(935頃)承平五年二月九日「京よりくだりしときに、みな人、子どもなかりき」
⑤ (内裏が都城の北にあったところから) 京都の内で、南へ行く。
※宇津保(970‐999頃)春日詣「大宮の大路よりくだり給ふ」
⑥ 目上の人または、公から下げ渡される。下賜される。また、人がつかわされる。
※宇津保(970‐999頃)蔵開上「中務の宮御かはらけ取りて舞ひ給へり。右のおとどに参り給ふ〈略〉かくて御かはらけくだるほどに」
※更級日記(1059頃)「おほやけより使くだりて追ふに」
⑦ 命令、判決などが申し渡される。「判決がくだる」
※古今(905‐914)雑体・一〇〇三「今もおほせの くだれるは〈壬生忠岑〉」
⑧ 運命などの、人の力ではどうしようもないものの力が働く。「天罰が下る」
※李陵(1943)〈中島敦〉二「数年の後、突然、此の禍が降(クダ)ったのである」
⑨ 程度、地位などが低くなる。低くて劣る。また、官途から民間へ、一般社会から刑務所へというように、低く見られる所に移る。「野(や)にくだる」
※枕(10C終)七四「それよりくだれる際は、みなさやうにぞある」
※俳諧・去来抄(1702‐04)故実「或人情をいふとても、今日のさかしきくまぐま迄探り求め、西鶴が浅ましく下れる姿あり」
⑩ (助動詞「り」「たり」などを伴って) 場所などが、低い状態である。さがる。
※小川本願経四分律平安初期点(810頃)「低み下(クタレ)る処有らば、填て平くべし」
※徒然草(1331頃)二一七「富の来る事〈略〉水のくだれるに従ふがごとくなるべし」
⑪ 戦いで、相手に負けて従う。降参する。
※平家(13C前)七「うてば必ず伏し、せむれば必ずくだる」
※太平記(14C後)三六「左馬頭基氏、武威を失ひ人望に背き、我が軍門に降(クダラ)るべき事」
⑫ でしゃばらないで、ひかえめな態度をとる。けんそんする。へりくだる。
※書紀(720)仁賢即位前(図書寮本訓)「謙恕(クダリなだめ)温慈(やはらきうつくしひます)
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉九三「ただ朝夕おのれを謹み人に下(クダ)り」
⑬ ある時刻を過ぎる。時が移る。また、時がたって後の世・時代になる。→くだって
※源氏(1001‐14頃)藤裏葉「ひつじくだるほどに、南の寝殿に移りおはします」
※打聞集(1134頃)尺迦如来験事「其時に渡(わたらむ)としける仏法絶て不渡なりぬ。さてくだりて後漢には渡(わたる)也けり」
⑭ つかえないですらすらと進む。
※正徹物語(1448‐50頃)下「詞つづきも哥めき、吟のくだりて理をつめず」
⑮ 下痢をする。
※仮名草子・尤双紙(1632)下「巴豆(はづ)、大黄や牽牛子は、いづれも下る薬ぞかし」
⑯ ある基準の数量より下になる。多く打消の表現を伴って、それ以上であることをいう。
※商法(明治三二年)(1899)七八条「其期間は二个月を下ることを得ず」
※黒い眼と茶色の目(1914)〈徳富蘆花〉一「別格聖書級(バイブルクラス)の二三を下(クダ)らぬ秀才として」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

お・る【下・降】
〘自ラ上二〙 ⇒おりる(下)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下・降」の用語解説はコトバンクが提供しています。

下・降の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation