@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

下剤【げざい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

下剤
げざい
cathartic
便を軟らかくするために使う薬剤。ときには排便を促し,胃腸内の異物を取除くためにも使われる。作用の様式によって大きく3つに区別される。 (1) 腸管を刺激して内容物の排出を促す作用をするもの センナ葉,カスカラ樹皮,アロエヤラッパ (メキシコ原産の宿根のつる草) の根,コロシントウリの果肉,ポドフィリン (アメリカミヤオソウの地下茎からとった油) ,クロトン油 (熱帯植物ハズの果実からとった油) ,フェノールフタレイン,甘汞 (かんこう。塩化第一水銀) など。 (2) 腸内容物の容積を増して排出を容易にするもの 硫酸マグネシウム (舎利塩) ,ひまし油硫酸ナトリウムのほか,寒天,オオバコ種子,メチルセルロースなど。 (3) ミネラル油やオリーブ油を含んだもの 腸管内をなめらかにして内容物の排出を促進する。下はすべて医師の指示に従って服用することが大切である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げ‐ざい【下剤】
排便を促すために用いる薬。下し薬通じ薬。「下剤を掛ける」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

下剤
 しゃ下薬ともいう.腸内容物を排除するために用いる薬剤.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げざい【下剤 cathartic】
排便を促す薬剤。瀉下(しやげ)薬ともいう。その作用の強さから緩下剤峻下剤に,作用部位から小腸性下剤大腸性下剤に分けられる。小腸性下剤は服用2~3時間後に排便が起こる。有害物排出によいが,栄養不良を起こしやすく連用できない。疝痛腹鳴,しぶりを伴うことが多い。大腸性下剤では,作用発現までに時間がかかる。しかし,栄養障害を起こさないので,常習の便秘に用いられる。下剤には次のようなものがある。(1)塩類下剤 水溶性で腸管から吸収されにくい塩類を用いると,浸透圧によって水分が吸収されず,逆に腸管腔内に水分が吸引され,腸内容が増量し,排便が促進される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

下剤
げざい

瀉下剤(しゃげざい)ともいい、腸管の運動を亢進(こうしん)させ腸内容物の排泄(はいせつ)を促進し、また糞便(ふんべん)を軟化膨潤させる薬剤。適応は主として便秘の治療にあるが、食中毒や薬物中毒、腸管のX線検査、駆虫薬の投与後などに腸内容物をなるべく完全に排泄させるといった目的にも用いられる。その作用の強弱によって峻下(しゅんげ)剤、軟下剤、緩下剤に分けられているが明確な分類とはいいがたく、現在では作用機序によって粘滑性下剤、膨張性下剤、塩類性下剤、刺激性下剤、浸潤性下剤に分類されている。

(1)粘滑性下剤 鉱油や植物油で腸管から吸収されないものはそのままの形で排泄され、粘膜に潤滑的な効果を与え、また糞便を軟らかくして機械的に排便を容易にする。けいれん性便秘に用いられる。流動パラフィン、オリーブ油、グリセリンなどがある。

(2)膨張性下剤 腸管から吸収されず、腸管内で水を吸収して膨潤し容積を増大することにより腸粘膜を刺激し、腸の蠕動(ぜんどう)(生理的排便反射)を促進して排便を促す薬剤。弛緩(しかん)性便秘に適用され、カルボキシメチルセルロース(CMC)のナトリウム塩が有名であり、寒天、メチルセルロースも用いられる。

(3)塩類性下剤 腸内容物の浸透圧を高めて水分の吸収を少なくし、腸管内に多量の水を貯留し水様便として排出させる。弛緩性便秘用で、腸管から吸収されにくい無機塩が用いられ、硫酸マグネシウム、クエン酸マグネシウム、酸化マグネシウム、炭酸マグネシウム、硫酸ナトリウム、人工カルルス塩などがある。このうち硫酸マグネシウム、クエン酸マグネシウムは水溶液で投与され、酸化マグネシウムは粉末または水に懸濁して水酸化マグネシウムとして内服される。硫酸マグネシウムは峻下剤、酸化マグネシウムは緩下剤でいずれも繁用されている。

(4)刺激性下剤 腸粘膜を刺激して反射的に蠕動をおこさせる薬剤で、腸炎や腸閉塞(へいそく)などのある場合や老人には不適である。その作用部位から、小腸性下剤と大腸性下剤に分けられる。前者には、ひまし油と甘汞(かんこう)があるが、甘汞は水銀製剤のため現在ではまったく用いられていない。小腸性下剤は食中毒の際などに腸内容物を急速に排出させるために用いるが、栄養障害をおこすので、便秘の治療には不適である。大腸性下剤にはフェノールフタレイン誘導体(フェノバリン)、ビソキサチン(ラキソナリン)、イオウ、ピコスルファートナトリウム(ラキソベロン)のほか、アントラキノン誘導体を有効成分とする生薬(しょうやく)類、大黄、センナ、カスカラサグラダなどがあり、これらの生薬はエキス剤としてまた有効成分を抽出したものが配合剤としてよく用いられる。大黄は粉末として繁用されている。樹脂性峻下剤と称されるものに巴豆(はず)、ヤラッパ、牽牛子(けんごし)があるが、単独では使用されない。

(5)浸潤性下剤 界面活性作用によって糞塊中への水の浸透を促し、腸管からの吸収を抑制して便を軟化膨潤させ腸内容を増大させることにより自然排便を促す。ジオクチルソジウムスルホサクシネート(DSS)がその例であり、配合剤として用いられる。

 下剤の目的で浣腸(かんちょう)や坐薬(ざやく)を用いることも多い。浣腸にはグリセリンの10~50%液、2~3%の薬用せっけん液が、坐薬としてはグリセリン坐薬がよく用いられる。

[幸保文治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げ‐ざい【下剤】
〘名〙 腸の内容物を排出したり、糞便を柔らかにしたりするために用いる薬剤。くだしぐすり。つうじぐすり。下薬。
※和蘭医事問答(1770)上「其内下剤を用候所へ、スポイトと申水銃器にて、肛門より薬水を入候法御座候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下剤」の用語解説はコトバンクが提供しています。

下剤の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation