@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

下品【ゲヒン】

デジタル大辞泉

げ‐ひん【下品】
[名・形動]
品格・品性が劣ること。卑しいこと。また、そのさま。「下品な人」「下品な言葉遣い」⇔上品
品質の劣った物。⇔上品
[派生]げひんさ[名]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げ‐ぼん【下品】
仏語。極楽浄土に生まれる人を、能力・資質の差によって上・中・下に3分した、その最下位。→九品(くほん)
下等。
「―の恋の句に一面滑稽味を帯びているのがある」〈寅彦・俳諧の本質的概論〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐ひん【下品】
〘名〙
① 品質のよくない品物。
② 身分や家柄の低い者。下層階級。げぼん。〔改正増補和英語林集成(1886)〕〔晉書‐劉毅伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げ‐ひん【下品】
〘名〙
① 品質のおとった品物。下等の物。⇔上品(じょうひん)
※日本読本(1887)〈新保磐次〉二「朝早くつみたる葉にて上茶を製す。おそくつみたる葉にて出来たるは下ひんなり」 〔蘇軾‐上神宗皇帝書〕
② (形動) 品性・品格がいやしいこと。いやしい行動や態度をとること。また、そのさま。⇔上品(じょうひん)
※評判記・色道大鏡(1678)八「畢竟、じゃうるりといふもの下品(ゲヒン)なる芸なれば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げ‐ぼん【下品】
〘名〙 (「げ」「ぼん」はそれぞれ「下」「品」の呉音)
① 仏語。極楽浄土について、その浄土に往生するものの資質を上、中、下に分けたときの下位のもののこと。また、上、中、下の三つに分けたその下位の浄土。
※観智院本三宝絵(984)下「下品に持(たもつ)は戒をあやまちてたとへ悪道におつれども」
② 能力、性質など、さまざまなことについて、等差を上、中、下の三つに分けた、その最下位のこと。下等。下等の階級。
※今昔(1120頃か)三「下品の人には不娶じ、上品の人に娶がむ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下品」の用語解説はコトバンクが提供しています。

下品の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation